「出産祝い=飲み会」ではない!妻に言われて気がついた真実

こんにちわ。新米パパのリチャです。

早速ですが、世のパパのみなさん!

生後間もないお子さんがいるのに、「会社の上司や先輩に誘われたから飲みに行ってくる。」なーんて理由つけて飲みに行ってませんか!?

実はこれ正当な理由じゃないことはご存知でしたか?

いつも快く送り出してくれる奥さんでも、もしかしたら心の奥底にモヤモヤを溜めているかもしれませんよ・・・

最大のお祝いは飲み会ではなく、早く帰してあげること

妻曰く、『生まれたばかりの旦那を捕まえて飲みに連れて行くことはお祝いではない!祝う気があるならさっさと家に帰してやれ!』

とのこと。これがそれを言っている妻のTwitterです。

いいね・RT共に1000越え。同じように思っている人がこれだけいるということですね。正直自分に子供が生まれるまではわかりませんでしたが、今ならわかる。ド正論ですわ。

我が家なんて僕と妻の二人で実家の助けもありませんので僕が帰らずしてどうする!と当時の自分に言ってやりたいです。

お祝い会に誘われた当時の自分なら「2時間くらい・・・」と思っていましたが、魔の1時間を一人で味わってからはそんなこと1ミリも思いません。

魔の1時間はこちらで→ワンオペ育児ってマジ大変!たった1時間で知ったママ達の凄さ

「飲みに行っていいよ」と言ってくれる奥さんでも実は

「は?ふざけんなよ!こちとら一人で毎日育児してんだよ。何テメーだけ飲み会とか行っちゃってんだよ」

と心の中で思っているかも・・・

「お祝い=飲み会」ではない

「本当に祝いたいのであればいろいろな形でできるし、飲みに行くことだけがお祝いではない。」

妻の言葉です。恥ずかしながら、こう言われるまで気づきませんでした。確かになんでお祝いと言って飲みにいくんだろう・・・

誘う側がただ飲みたいだけなのでは?

ありがたいことに僕は会社の先輩から飲み会によくお誘い頂くのですが、最近は断っています。

既に子供がいる先輩は「しょーがないよねー生まれたばかりだもん」と理解を示してくれますが独身者の方は「えーダメなのかーまぁそうかー」と微妙な反応です。

中には「え?奥さんいないの?」と謎の反応をする方まで。(奥さんが家で子供のこと見てないの?という意味だと思われる)

もちろん独身者でも理解がある方もいますが、子育てをしたことない方が誘ってくることが多い印象ですね。

ただただ飲みたいだけの人がお祝いと理由付けて飲みたいだけでは?と最近では思ってしまいます。

なぜか『男の祝い=飲み会』という風習がありますよね。でも確かにお祝い金やお祝いの品を渡すことでお祝いすることも出来ますし、お祝いの言葉だけでもいいかもしれません。

「お子さん家ではどう?」と聞かれるだけでも僕は嬉しいです!

できるだけ自分からは子供の話題はしないようにしているので(自慢話っぽくなりそうで・・・)、こういうときはここぞとばかりにデレデレトークをします(笑)

飲み会だけがお祝いじゃないんですよね。

出産直後に誘ってしまった・・・

偉そうに言っている僕も子供が生まれて1ヶ月の友人を誘って飲みに行ったことがあるんですよね。。。

お互い家族ぐるみの付き合いで僕と妻からのお祝いを渡すという名目で僕から誘って飲みに行きました。

友人の奥さんは里帰りしていたので出来たことだとは思いますが、あまりよくなかったですね。今は反省しています。

妻も「まぁAちゃん(友人の奥さん)がいいっていうなら・・」と歯切れが悪かったのはこういうことだったんですね。

今後は僕も「早く帰ってやんなーお祝い送るね」くらいのことが言えるようにしていきたいです!

男はなぜ飲みに行ってしまうのか?

男性が産後間もなく飲み会へ行ってしまう理由の多くは「子育ての辛さを知らない」から。これに尽きるでしょう。

僕も息子が生まれてすぐに飲み会に行こうとしたことがありましたが、これは「一日くらい大丈夫だろう」という気持ちから妻に行ってもいいかを聞きました。

妻の返答から「あ、これはあかんやつや」と察知して飲み会はやめましたが、ママから言わせれば「そもそも行こうとするなんてあり得ない!」と思うでしょう。申し訳ない。。。

言い訳をすると、このころは全く育児に関して理解できておらず、たかだか2〜3時間くらい。という気持ちがあったと思います。

でも今ならわかります。もしかしたらその2時間3時間がとんでもなく大変な時間かもしれないんですよね!

子供は全然寝ない、全く泣き止まない、そんな日に旦那が飲んで帰ってきたとなればもう奥さんのストレスゲージはMAXですよ。

男性は育児のしんどさを知らない方が多いです。

昼間でも夜でもたった1時間でもいいです。経験をしましょう。経験済の状態で「奥さんが飲みに行っても許せるか」

答えはほとんどがNOでしょう。まずはワンオペ育児を経験して下さい!話はそれからだ。

僕はワンオペ育児を何度か体験しているので、よければ参考にしてみて下さい。ワンオペ育児はかなりしんどいですよ!

生後一ヶ月半、夜中の子守りをパパが擬似ワンオペでやってみた
ワンオペ育児ってマジ大変!たった1時間で知ったママ達の凄さ

まとめ

「お祝いしてくれるから」という言葉は理由ではありません!

いかなることがあろうと子供妻の待つ家に早く帰る事に勝るものはありません。

特に奥さんも授乳をしなければならないことが多く、まだまだお酒は飲めませんし日々ストレスも溜まっています。

できるだけ飲み会のお誘いは断って、奥さんのケア、子供とのふれあいの時間に当てるようにしてみましょう!

奥さんが許すなら家での晩酌に変えてみてはいかがですか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生後一ヶ月半、夜中の子守りをパパが擬似ワンオペでやってみた

赤ちゃん抱っこは重労働!生後たった一ヶ月半で僕に起こった体の異常

子育ては苦手克服の連続!子供が好きなものなら興味を持つ努力をしたい

生後3ヶ月の休日育児、夫婦の一日タイムスケジュール

父と息子(4ヶ月)の24時間二人っきり生活~妻にフリータイムを~

新宿駅という名の魔界にベビーカーで突入してきた!