生後一ヶ月半、夜中の子守りをパパが擬似ワンオペでやってみた

今よく話題にあがる「ワンオペ育児」。主にママが一人で育児をすることですね。

一緒に住んでいるはずなのに、気がつけば子供の世話をしているのはママばかり。そんなご家庭も多いはず。

今回は生後一ヶ月半の息子のパパである私が夜中に疑似ワンオペ育児してみたのでその報告をしてみたいと思います!

※今回は「夜中にパパ一人で子供を見る」=「夜中のワンオペ育児」として書いています。本来のワンオペ育児とは多少意味が異なりますのでご了承下さい。

パパ一人で夜中を担当

夜中のワンオペ育児をするに至った経緯

我が家の基本ルールは『夜中は妻が息子の面倒を見る』です。これは僕が平日仕事なので妻が配慮してくれた結果です。

とは言っても毎日毎日夜中に何度も起きるのはしんどいですよね。休日は昼間に僕が育児を変わって昼寝をしているといっても満足な睡眠ではありません。

そこで「一度夜中の育児を変わって妻に安息の睡眠をしてもらおう」という考えに至り、僕の方から妻に提案しました。

パパのワンオペ育児開始!

ついにワンオペ育児の開始です。次の日が休みな金曜日に実行!準備物はこちら

哺乳瓶3本 - 余裕を持って3本
スヌーザーヒーロー-SIDS(乳幼児突然死症候群)予防グッズ
まるごとバナナ - 自分用の空腹対策と糖分補給

今回は妻の母乳は頼ることができないので哺乳瓶は余裕を持って3本用意しました。息子がいつも通り3時間睡眠を繰り返してくれれば2本もあれば十分朝を迎えられます。

スヌーザーヒーローとはSIDS(乳児の無呼吸症候群のようなもの)を予防するためのグッズで、子供に付けておくと一定時間子供が動かなかったら音が鳴って「危ないよ」と教えてくれるものです。

詳しくはこちら → SIDS予防グッズ『スヌーザヒーロー』

では準備OK!ワンオペしながらメモをとったのでまずはそちらからどうぞ!その時のメモそのままなので自分の感情も書いています。

 23:10  ギャン泣き ミルク80ml
 0:00  息子布団へ
0:40  完全消灯。寝る気配なし。お腹トントン
0:50  グズグズなので抱っこ。でっかいげっぷをする
0:55  ギャン泣き
1:00  まだ妻は起きていたので母乳をあげる
 1:05  母乳飲む
1:10  再度ぐずり。妻はここで即寝
1:20  縦抱き→横抱きでようやく寝る
1:22  起きる(マジかよ)
1:25 眠い(俺が)
1:30 寝た。布団に置けた。腹減った(俺が)
1:35 起きる(絶望)
1:40 もうすぐ寝そう。お腹トントン→すぐ寝た
5:22 息子泣き。妻の声で起きる。スヌーザーヒーロー鳴ってたらしい
5:30 ミルク80ml
5:40 全然寝ない
5:50 本気泣きで妻を起こしそう(既に一度起きてるけど)
6:00 ミルクを40ml足してみる
6:15 膝の上でご就寝
6:30 布団に寝かせる→背中スイッチ発動。グズグズ
6:40 おそらくここで息子と一緒に寝落ち
8:00 息子の泣きで妻が起きる。妻に起こされる

 

0時~1時台

0時から本格的に寝かし始め、寝たのは1:40。この時点で既に心が折れそうでした。

1時の時点で妻が母乳を上げてくれたのは非常に助かりました。え?この時点でワンオペじゃないって?妻がまだ起きてた&自ら言ってくれたからセーフセーフ!

少しスマホでも触ってから寝ようと思っていたのですが、いつの間にか僕も寝落ちていました。

2時~4時台

息子は約3時間程寝てくれました。僕も一週間仕事をしてきての金曜の夜でしたので即寝。

疲れもあってかスマホは充電せず、眼鏡も外さずにそのまま寝てしまってました。

5時~6時台

「リチャー。おーい。リチャさんやーい」

妻の声で起きました。ほんとすみません。。。

結構息子が泣いてたみたいです。その前にもスヌーザーヒーローも第一段階(小さめの音)が鳴っていたとのこと。僕は全く気づかず。

いつもはミルク80mlであげていますが、母乳がない分なのか寝てくれなかったので40ml追加しました。

それでもぐずぐずは止まらず。息子なりに「いつもと違っておじさんだから嫌だ!」とかあったのでしょうか。。。

1時間以上抱っこしてようやく寝てくれました。

7時~8時台

今回は1時間半程度しか寝てくれず。そしてここでも妻に起こされる体たらく。ワンオペ育児ってなんだったんだよ・・・

しかも寝るときにスヌーザーヒーローを付け忘れる(つける前に僕が寝た)という失態。SIDS予防と言っても付けなきゃ意味ないよ!息子に何もなくてよかった・・・



夜中のワンオペ育児をやってみて

一人でやってみた感想

まず一番の感想は超眠い。全く寝た気はしません。

こんなの毎日やってたらそらしんどいですわ。しかもこのまま日中の育児ですからね。。。そして夜中の泣きは精神的にきます。

時系列を見て頂ければわかる通り、全然ダメダメです・・・いきなり母乳の手助けをしてもらい、夜中の泣きには全く起きないという。。。

少しの音で起きる自信はあったんですが。男は赤ちゃんの泣き声で起きるようになっていないのは本当だったのかもしれません。

ワンオペ育児を通じて妻をより尊敬するようになりました。

え?準備物にあったまるごとバナナですか?食べる暇なんてあるわけないでしょう!(半ギレ)

しかもこれで我が息子は寝る方だから全然楽な方だと妻に聞きました(妻:保育士)。1時間おきで起きちゃう赤ちゃんもいるそうで・・・これだけ寝てくれても超しんどいんですが・・・1時間おきってもう想像ができません。。。

妻からの意見

妻

夜中に起きたとはいえ、結構眠れたから良かった。

一定の評価はいただけたようです。しかし、続けてこう言われました。

これが育児だと思ってもらったら困る。昼間→夜中→昼間→夜中→・・・・と続くのが育児であって夜中だけやったから「俺偉い」じゃないのよ。

妻

次は丸一日育児やってね♪
リチャ

リチャ
・・・ガンバリマス

育児は夫婦二人でやるもの

元々育児を全て妻に任せるつもりはありませんでしたが、今回ワンオペ育児を体験してみてその考えがより強くなりました。

今回の夜中の育児・普段の昼間の育児を通じて思ったことはただ一つ。

『育児マジしんどい』

自分の思った通りに寝てくれない。なんで泣いているのかわからない。常に目が離せない・・・

これを24時間365日やらなければいけないですからね。平日8時間だけやっている仕事とはわけが違います。

僕の場合は一日だけですが、自分の思った通りに眠れないってかなり辛いですね。

ママ一人でやっていたらそりゃストレスも溜まりますよ。僕的には仕事よりも育児の方がよっぽどしんどい。

僕が毎日仕事へ行けるのは妻のサポートがあってこそ。世のパパの皆さん、「お金を稼いでいるから偉い」なんて考えは古いですよ!

僕は家事も育児も積極的に参加していきます。正直そのほうが夫婦円満です。

ワンオペ育児リベンジします!

今回のワンオペ育児は「妻に安息の睡眠をしてもらおう」という目標は達成できず、失敗と言っていいと思います。

なので、再度ワンオペ育児に挑戦します。今度は本当に妻の手助けなしでできるようにしたいです!

次回は昼間と夜中を合わせて丸一日妻をゆっくりさせてあげられるといいな~という気持ちで臨みます!

※2017/06/19追記

リベンジしました!!その時の様子はこちら↓↓

こんにちわ、リチャ(@papa_ritya)です。 さて、以前夜中にワンオペ育児をしたのですが、妻に手助けしてもらうというふがいない結果で...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供が生まれて変わったこと・驚いたこと~同性なのに恋人感覚~

ワンオペ育児ってマジ大変!たった1時間で知ったママ達の凄さ

生後3ヶ月の休日育児、夫婦の一日タイムスケジュール

子供に関することは『2人で一緒に』考える~新米パパの半年間振り返り~

「出産祝い=飲み会」ではない!妻に言われて気がついた真実

新米パパが思う育児で欲しいものはこれだ!現実から非現実まで