赤ちゃん抱っこのコツは肘にあり!新米パパの成長記録

突然ですが、赤ちゃんの抱っこって難しくないですか?

生まれたてとか「何この小さな生き物・・・」とめちゃめちゃビビっていたことを覚えています。

当然ですが、最初は僕も抱っこが下手くそで、息子は全然泣き止んでくれませんでした。

でも、たった一点に気を付けるだけで収まり良く抱っこできるようになりました!

今回はその方法についてご紹介していきます。

お手本のようなやり方ではありませんが、参考になれば幸いです。僕はこれで何倍も楽になり、息子も腕の中ですやすや眠ってくれるようになりました。

抱き方が全くわからないお父さん向けになると思います!

何も知らない頃の抱っこ

ここからは2ヶ月半の息子に協力をしてもらって再現していきます。

子供が生まれた当初、僕はこんな風に抱っこしていました(少し極端ですが)。

当時は自ら抱っこができないので手を出して妻に乗せてもらっていました。

これの何が問題かというと子供の首を自分の手、手首で支えていること。

僕は子供の首がすわっていないと、どうしても手で首を支えたくなる傾向がありました。

始めは子供を抱っこするという恐怖心があるんですよね。その分身体から離してだっこしちゃうんです。

そうすると、子供との距離が離れてしまって、不安からなのか泣いちゃうことが多いんですよね。

「自分の身体に引っ付けると泣き止んだりするよ」と妻にアドバイスをもらっても、このやり方だと近付けることすら難しかったです。

また、のけぞられると支えきれなくなり、首がグワングワンに揺れてしまって子供にも良くありません。

この抱き方だと腱鞘炎にもなりやすくなってしまいますよ!

意識するのは「子供の首を肘に乗せる」こと

上記のやり方で生後二週間ほどやっていました。

僕も息子もお互いにどこか居心地悪い。。。

なんか上手くいかないなーと感じていたのですが、ある一つの方法で劇的に抱っこしやすくなりました!

首を肘に乗せて安定させる

『子供の首を自分の肘に乗せる』

たったこれだけです。これだけで本当に楽になりました。

抱っこに慣れている方からしたら「当たり前だよ」と思われるかもしれませんが、そういうのも全く知らなかったんです。

本などでは読んだことありましたが、読むのと実際やるのでは全く違うんですよね。

実際に、『首を肘に乗せる』ことを意識して抱っこした写真がこちらになります。

写真の矢印部分をご覧ください。先ほどの写真との違いは右手です。右手の肘に子供の頭を乗せています。これだけで安定感が段違い。

こうすることで自分の肘を曲げれば自分と子供が密着し、子供に安心感を与えられるようです。

ただ、これだと左手が窮屈かつ抱っこ中に暴れられると危ないので、最終的には次の写真のようになりました。

下から回していた左手を上から回すように。こうすることで安定感・密着度がさらに増し、安定感から自分の抱っこに対する恐怖心も和らぎます。

場合によって足の間から左手を入れることもあります。

このように抱くと密着しやすく、息子も暴れません。もう夏なので密着すると二人とも汗だくになっちゃいます・・・

子供の手を自分の脇の下へ逃がしてあげることがポイントです(上部写真の矢印部分)。

こちらはアップ写真。
手首に乗せている初期の頃の抱き方(上の写真)と肘に乗せている今の抱き方(下の写真)です。

妻に協力してもらい、リモコンで息子の顔を隠しています(笑)

上の写真だと肘と頭の間が空いています。下の写真だと肘の上にちゃんと頭が乗っていて、息子も心なしか安定しているように見えませんか?

ちなみに、当初の僕の抱っこはこんな感じでした。息子は生後1週間ほどです。

見てわかる通り、どちらも肘に乗せていません。二枚目に至っては手首に頭を乗せて肘がガラ空きです。

「とりあえず首を守らなきゃ!」

という意識で手で支えちゃうんですよね。

でも手じゃないです。肘で支えるんです!最初は恐いですが、肘って意外と安定しますよ。乗せてみたらわかります。

片手でも抱っこできる

この『肘に乗せる』抱き方ができれば右手一本で抱っこすることもできます。

以下の写真は息子が少し暴れていますが、それでも片手でいけますよ。

片手が空けば左手でタオルとったり、ミルク作ったり。かなり便利です。

危ないので片手はどうしても・・・の場合のみにして、基本は両手で抱っこして下さいね!

腱鞘炎予防につながる

肘に乗せることで、手首への負担がだいぶ軽減されます。そのため、安定感と同時に腱鞘炎予防にもなりますよ!

肘に乗せると腕全体を使うようになるんでしょうね。その分二の腕の筋肉をよく使うようになります。

最後に

このやり方を知ったのはたまたまで、僕の妹が遊び来ていたときに「あ、肘に乗せると安定する~」と言っていたことがきっかけです。

「なぬっ!?そうなのか?」と思いやってみるとこれが思いの外安定し、すごく感動したことを覚えています。

その言葉がなかったら自分の抱っこを見つけることにもっと時間がかかっていたかもしれません。妹に感謝感謝。

人によって、子供によって、抱っこの仕方は様々だと思いますが、『肘に首をのせる』ことさえ守っていればあとは我流で良いと思っています。

親と子供、二人にとって居心地の良い抱っこの仕方を見つけてみて下さい!

 

関連記事
・生後3週間、今育児で一番楽しいのは寝かしつけ~パパ目線で楽しむ4つの方法~

・赤ちゃん抱っこは重労働!生後たった一ヶ月半で僕に起こった体の異常

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生後3ヶ月健診と親の麻疹風疹予防接種レポート

パパのワンオペ育児でママに睡眠を~生後二ヶ月のリベンジ編~

我が家のお食い初めは宅配で、美味しい・ラクチン・写真映え良し!

新宿駅という名の魔界にベビーカーで突入してきた!

育休未取得パパが過去の自分に伝えたいこと「とにかく育休とっとけ!」

父と息子(4ヶ月)の24時間二人っきり生活~妻にフリータイムを~