「自己中夫」改革~妻が僕を変えた4つの手段~

自己中を直す

どうも、リチャ(@papa_ritya)です。

早速ですが、このブログのタイトルでもある自己中男。もちろん僕のことなのですが、妻との結婚後、妻のおかげで僕の性格はかなりの変貌を遂げています今ではそこそこ普通の人間になったのではと自負しております(笑)

今から紹介するのは妻の話が中心ですが、正直言って僕の妻は超我慢強いです。この一連の件で妻には頭が上がりません。

多くの人にこれをやれと言ってもやりたくないという人が多いかもしれませんが、一例として参考にしてみて下さい。

自己中だと言われた僕の特徴

結婚する前後、当時28歳の僕は妻に「自己中だ」とかなり言われましたが、正直ハテナでした。

それまでの人生でそんなこと言われたことないですし、自分が自己中人間だなんて思ってもみなかったんです。

この当時は「自分が全て」だったので自己中の特徴がどういうものなのか調べることはありませんでしたが、冷静になった今調べてみると超当てはまるんですよねこれが。

当時の僕の特徴はこんな感じでした。ほとんどが妻に言われた言葉です。

  • 超がつくほど短気
  • プライドは超高い。人に指摘されることが大嫌い
  • 想像力が全くない
  • 思ったことはすぐ口に出す
  • 自分の常識の中だけで生きている

文字で書いてみると酷さがわかります。正直こんな人と「友達になりたいか?」と聞かれると大半の人はNOでしょう。自分でも嫌だと思います。自分で言うなって感じですが・・・笑

じゃあ、「なんでこんな俺と結婚したのか?」と妻に聞いたことがあります。妻の答えはこうでした。

「勘」

マジで女性ってよくわかんねぇ(笑)

一応その後に
「こんな性格なのに友達多いから何かしらの魅力があると思った」とフォロー(?)のお言葉も頂いています。確かにこんな人間失格みたいな性格しているのによく友達みんな離れていかなかったなーとしみじみ思います。

もし、友達もいなくなっていたら性格はもっとネジ曲がっていたかもしれません。

妻が僕を鍛えた4つの方法

褒めて伸ばす

我が家は共働きなので家事は分担制、現在は子供が生まれて妻は育休中ですが基本的にこのルールは変わりません。子供の面倒を見ていたら家事どころではありませんからね。特に僕が休日の日は積極的に家事をするようにしています。

そんな僕も元々は家事なんて全くしないタイプ。気が向いたときに洗濯したり食器洗ったりその程度でした。

家事が夫婦仲を良くするツールだなんて全く思わず・・・当時は本当に想像力が欠如していますね。

妻はそんな僕に根気強くこれやってあれやってと家事依頼をしてきました。ゴミ捨ててとかこれあっち持ってってとかどれもごくごく簡単なことです。

それなのに「ありがとう!」「助かる!」と声を掛けてくれていたので、「こんなことで助かるのか!」と僕は気づきました。

本当は助かってなんてないんですけどね(笑)わざわざそんなこと頼むより自分でやった方が早いですもの。

小さなことからコツコツと僕にやらせて家事のクセをつけていってくれていたようです。

短気な人は「残念な人」と思うようにする

「短気は損気」とはよく言ったものです。僕は些細なことにすぐ怒っていました。

そんなとき妻が「私は短気な人は残念な人だなーと思うようにしている」と教えてくれました。

もちろん半分は僕への当てつけですが(笑)でもそう思われているんだ・・・と思うと短気は損だなという意識に変わり始めました。

都会の電車内などではたまに怒っている人がいますよね?僕はそれを見て「うるさいなー」とイライラすることが多かったです。

こういうとき冷静になって妻の言葉を思い出すと不思議とイライラしていた気持ちがふっと消えていったんです。

それまでは短気を治すために以下のような本を読んでいたのですが、特に変わりなく。。。
「怒り」がスーッと消える本 [ 水島広子 ]

結果として妻のこの一言が一番効果がありました!個人的には見知らぬ人(本の著者)にあれこれ言われるよりも身近な人の声の方がすんなり入ってくる気がしますね。

指摘はタイミングを見て小出しにする

女性の怒りは点数制とはよく言ったものです。喧嘩の際に「あの日のあなたはこうだった」と言われて「今更そんなこと・・・」と思ったことのある男性は多いはず。

嫁は僕のダメだった所、引っかかった所は腹の中に溜めずになるべく小出しで言ってくれるようになりました。しかも、ポイントなのが”僕の機嫌の良いときを見計らって”伝えてくれるんです。

これが本当にすごい。人に指摘されることが嫌いな自己中でも機嫌の良いときに指摘されるとある程度素直に受け入れられるんですよ。

まぁそれでもケンカしたときには過去のこと掘り返されるんですけどね。。。笑

自分のした家事をアピール

さらに、妻は自分がした家事についても「○○したよ!」と報告をしてくれます。

始めは「ふーん」程度しか思っていませんでしたが、段々と毎日の報告の回数や細かなことまでやっていることに気づき、世の奥さん達はこんなことまでやっていたのか・・・と感謝をするきっかけになりました。

その結果自然に僕も妻の家事に対して「ありがとう」と言うようになり、今ではどんな小さなことでも我が家には「ありがとう」が溢れています。

僕もいつの間にやら家事報告をするようになっていました。真似するつもりはなかったのですが、夫婦は似るというのは本当ですね(笑)

その他の要因

僕が変わった要因は妻に鍛えられた以外にもあります。

自分の時間を作るようにした

家に二人でいるときでもお互いに一人の時間を作るようにしました。一切話しかけたりしない完全な一人の時間です。

我が家の場合は一人の時間を休日に1~2時間程度確保することが多く、その間は何をしても良いのでお互いイヤホンをして音楽を聴きながら各々パソコンを触ったり漫画を読んだりして楽しんでいます。

子供が生まれてからは交代で子供の面倒を見つつ、交代で一人の時間を作っています。

一人の時間があると、少しイライラした気持ちのリセットや家事のモチベーション維持などかなり効果的です!

新居に引っ越した

元々狭い家に住んでいたので、家の更新に合わせて引っ越すことになりました。意外にこの影響は大きかったのではと後から思いました。

前の家の時は狭すぎてパーソナルスペースもほとんどなかったんです。日々パソコンやゲーム三昧で家事もほとんど手伝うことはなく、しかも僕はなぜかイライラしていることが多く妻との衝突はしょっちゅうでした。

引っ越した新居は新築で広く、気持ちに余裕が持てたのでしょう。自然と自ら家事をするようになりました。

そういえばこの時も「なんで家事してくれるの?何かあった?」と妻に言われたのを書きながら思い出しました。

今では休日は妻より早起きして家事をこなすまでになりましたよ!

子供ができた

やっぱり子供ができた(妻が妊娠した)影響は大きかったです。でも妊娠がわかった時点では親の自覚だなんだというものはほとんどありません。

でも、子供が生まれてからも短気ですぐイライラしていたらみっともない・恥ずかしいなと思うようになり、イライラすることが減りました。

さらには全くやらなかった家事も妻が妊娠初期はつわりがひどく動ける状態ではなかったこともあり必然的に日々の家事は僕がやることがより多くなりました。

子供の力ってすごいんだなーと改めて実感しました。

まとめ

こうまとめてみるとかなり妻に負担をかけていたんだな・・・と思います。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。よく見捨てられなかったなと。。。

昔の僕は女性陣にはすごく嫌悪感を抱かれそうな人ですよね。ここは一つ努力をすれば性格は変えられるという事例ということでお願いします。

自己中改善方法まとめ

・ありがとうを言う
・想像力を豊かに持つ
・たまに一人の時間を作る
・何かしら環境を変えてみる

この記事を書くことで、妻に何か少しずつでも返していければいいなーと僕自身振り返る良いきっかけになりました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『自分が全て正しい』と思っていた当時の僕へ~自分を客観的に見ろ~

モラハラ夫逃げる

元モラハラ夫だからわかる『モラハラの独特な思考回路と対策』