こんにちは。元モラハラ夫のリチャです。

最近たまたま目にしたTV番組に、「夫の言動に振り回されて困っている」という女性が出演していました。

番組が始まってすぐ僕は確信しました。

「あ、これはモラハラだ。」

女性側の気持ちを考えず、傍若無人に振る舞う姿は昔の僕そのものでした。

しかし「モラハラってよくわからない…」という方も多いと思います。

そこで今回は、

【元モラハラ夫が考える「モラハラの思考回路」と「モラハラ対策」】について書いていきます。

現在は克服したとは言えモラハラ夫ということは恥ずべきことなのですが、今回は包み隠さず書いていきます。

今思えば『異常』な思考回路ですが、当時の僕にとってはそれが『普通』でした。

【※注意】
モラハラという定義はかなり曖昧です。「それってモラハラ?」と思うこともあるかもしれませんが、あくまで「僕基準」で話していくことをご了承ください。

スポンサーリンク

モラハラ夫をテレビで見た我が夫婦の感想

冒頭でも説明したように、話題になっているあるテレビ番組を夫婦で見ていたときの話です。

そこではあるAさん(男性)の言動がおかしい、という話で進んでいきました。

スタジオでは笑いが起こっていましたが、弁護士さんには「Aさんの言動はモラハラだ!」と一喝されていました。

Aさんのモラハラ内容をまとめると

  1. 絶対に謝らない
  2. こだわりが強く、それが妻の負担になっているとは思わない
  3. 注意をしても、ポジティブすぎて言葉が届かない
  4. 自分の行動が相手のためになっていると思い込んでいる

テレビを見終わったところで、お互いに感想を言い合うことに。

気持ち悪い・・・それ以外の感想が出てこない・・・

リチャ
まぁ、、、理解はできるというか・・・思考はわかるというか・・・

……妻にドン引きされました。

脱モラハラをした今だからこそ、Aさんがおかしいことがわかります。

Aさんの行動・思考が僕と似ていて、僕もこれだけひどかったんだなということも冷静に判断できます。

もし僕がモラハラ夫だった当時にこのテレビを見たのなら、理解できていなかったのかもしれません。

というか認められなかったと思います。

モラハラする人は自己肯定感が強いので、「自分は正しい!」と思い込んでいることが多いです。もちろん僕もそうでした。

僕の箇条書きだけでは伝わらない部分もあると思うので、気になる方は「アナウンサー モラハラ」とかで検索して見てください。

モラハラとは一体どういうものなのか

では先ほど紹介した、Aさんのモラハラについて僕なりに考えていきます。

①、絶対に謝らない
→プライドが高い。自分は悪くない(と思っている)。他人に厳しく、自分に甘い。

②、こだわりが強い
→自分ルールができている。常に自分が正しい。

③、何を言ってもポジティブ
ストレス耐性が強い。

④、自分の行動が相手のためになっていると思い込んでいる
→思いやりがない。自分の行動で相手が困るという発想がない。

僕的なモラハラのイメージって「超ポジティブ人間」です。

自分が正しい。
自分が上の立場。
自分の思い通りにいくと思っている。
本当に思い通りにいってしまう。

こんな思考なので、「自分の行動が相手のためになっている」という謎の自信が生まれてしまうのです。

すべてが悪循環。こうやって自分に自信を持ってしまうことが、モラハラの根源だと思います。

モラハラ夫の善意とストレス耐性の強さ

モラハラ夫は悪意ではなく、善意で行動しています。

善意というと言い過ぎかもしれませんが、少なくとも相手にとって悪であるとは思っていません。

だから純粋な悪意よりも厄介なのです。

さらにストレス耐性が高いため、自分が何を言われても傷付きません。

基本的に自分基準で物事を考えてしまいます。

「"ストレス耐性の高さ"+"自分本位の考え方"="超ポジティブ人間" 」の出来上がりです。

僕自身のストレス耐性にはカラクリがあるのですが、それはこちらの記事で書いています。

モラハラ夫の問題は「自覚のない洗脳」

モラハラ夫は謎の自信があるために、相手を自覚なく洗脳してしまいます。

「俺の方が正しい。相手が謝るべき。」

「自分が正しい」という思考の持ち主は危ないと思います。たぶんモラハラ気質がある。

僕も常に「自分が正しいから、周りが僕に合わせるべき」と思っていました。

僕がまだモラハラ夫から完全に抜け切れていない時、妻に言われてハッとしたのが

モラハラ夫→謝らせる
妻→「謝っている自分の方が悪いのかも」と錯覚する

ということでした。

口がうまいから「私が悪い」と思い込んじゃうんだよねー。
だから当時は私がよく謝ってたと思う。

「自分が悪いのかもしれない……」という気持ちはモラハラ気質のある人には決して理解できないことなんですよね。

リチャ
自分が正しいと思うならなぜ謝るの?悪いと思うから謝るんでしょ?
僕は悪いと思わない。だから謝らない。

これを素で言えてしまうのがモラハラです。極端な言い方をすれば「謝った人が負け」だと思ってました。

勝負ごとでもないのに勝ち負けってなんだよって。今なら思いますよ。

でもね、モラハラ人間にとっては重要なんです。冒頭のAさんですが、番組内でかたくなに奥さんには謝罪をしませんでした。

Aさん
僕は謝らない。謝罪の基準を下げたくない。

僕はAさんの主張の意味はわかります。

要は何かと理由をつけて、謝りたくいないんです。だって自分が正しいと思っているんですもん。

謝る意味がわからない。プライドが邪魔をして、謝ることを許さない。

「ごめんの一言で円滑になる関係がある」ことを知らないんです。

スポンサーリンク

喧嘩したときのモラハラ夫の思考

謝罪の話と似ていますが、喧嘩したとき皆さんならどうしますか?

自分に非があれば謝りますよね?

モラハラはそうじゃないです。まず自分が悪いなんて思わない。悪いところがあっても認めない。

責められても何か会話の穴を見つけようとし、逆にその穴を突いて責めるんです。

さきほどのAさんの会話を例にすると、

A妻
急にどこかへ行きたがる。準備が大変で迷惑。

Aさん
仕事の予定によるからしょうがない。夜中の間寝ずに運転してるのは僕。サービス精神

A妻
外食のお店も勝手に決められてしまう。

Aさん
妻が優柔不断だから僕が決めてあげている。

良い言い方をすれば頭の回転が早い。悪い言い方をすれば揚げ足取りがうまい。

モラハラは相手に反論の余地を与えずに、「自分を説得するなら、完璧な理論を言え」というスタンスなんですよ。

穴のない理論を求める、すなわち完璧主義なのだと思います。

これももちろん相手にだけ。相手に厳しく自分に甘く。それがモラハラです。

モラハラ夫は謝罪しない?

ではモラハラ夫は謝罪をしないのか?

そんなことはありません。謝る時は謝ります。僕は謝っていましたよ。

でもね、その先が問題なんです。
本来は謝罪をして、自分の行動をあらためていくということがワンセットのはずですよね?

しかしモラハラ夫は謝っていても「自分は間違っていない」と思っているので、謝ることが終着点なのです。

「謝りました。はい、もういいでしょ。」って感じ。その場を落ち着かせる為だけに最終手段として謝るんです。

リチャ
なんで不満そうなの?謝ったじゃん。それ以上どうすればいいの?

何度も言いますが、自分は間違っていないと本当に思っています。だから謝る以上のことが浮かびません。

ここで矛盾に気付きませんか?先ほどこんな僕のセリフがありました。

自分が正しいと思うならなぜ謝るの?悪いと思うから謝るんでしょ?

僕は悪いと思わない。だから謝らない。

この理論からいくと、「悪いと思ったから謝った」と思うでしょ?

違うんです。モラハラ夫は自分に甘く、他人に厳しく。面倒ごとは避けたいので、適当に場を流したいときに謝ります。

リチャ
あー面倒だな…謝っとけば場は収まるでしょ。

自分でいうのもおかしな話ですが、本当に面倒臭いですよね。。。なんなんだよモラハラって。。。

モラハラ夫は話のアラを見つけるのは得意

「文章のアラを探す。話の穴を見つける」というモラハラの能力ですが、実は対外的な部分で非常に役に立ちます。

たとえば携帯の契約。最近の携帯契約は非常に複雑で、何かわからないまま契約している人も多いですよね?

「アラを探せる。穴を見つける」=「矛盾点・おかしな点が発見できる」能力なんです。

だから契約でおかしな点にすぐ気付き、変な契約をすることもないです。

度がすぎるとクレーマーだったり、ただイチャモンをつけているだけになるので要注意。僕もいまだに妻に注意されることがあります・・・

モラハラとジャイアニズムの違い

「自分以外は信じない。自分が一番。 」

これはモラハラ全員が思っていることだと思います。

似た概念に俺様主義のジャイアニズムがありますが、これとはちょっと違います。ジャイアニズムには有名な言葉がありますよね。

「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」

ジャイアニズムは「有無を言わせず自分のペースに持ち込む」

モラハラは「相手を諭して自分のペースに持っていく」

リチャ
へーそんなふうに思うんだ。ココとココが間違ってるのに、どうしてわからないの?
上から抑えつけるのではなく、口調は優しいことが多いらしいので、相手は「自分が悪いのかも…」と勘違いしやすいみたいですね。

モラハラとジャイアニズムは、到達点が同じでも過程が違います。

どちらかというとモラハラの方がタチが悪いですね。僕の場合は合わせて口も悪かったですし……。

モラハラとジャイアニズム
  • モラハラ → 相手を諭して自分のペース
  • ジャイアニズム → 有無を言わさず自分のペース

「自分が悪い」錯覚するなら、モラハラされている

冒頭でも書きましたが、モラハラに限らずハラスメントというものは定義が非常に曖昧です。

たとえば上司が部下に対して「お前」と呼んだ場合、部下がなにも感じなければスルーされ、不快に思えばそれはパワハラになったりします。

ここまでモラハラについて語ってきて、今更ですが『モラハラとはなにか?』について僕の個人的な意見を述べます。

モラルのない人 ×

被害者がモラハラだと思ったら △

被害者が「自分が悪い」と錯覚したら ◯

モラハラの怖いところは、被害者が「モラハラ」だと感じづらいということです。

最近よく意識されるようになったハラスメントですが、基本はどれも「相手がハラスメントだと思ったらダメ」なんです。

セクハラ、パワハラ、マタハラ……どれも相手(被害者)が「これはハラスメント(嫌がらせ)だ!」感じることが発覚するキッカケのはずです。

でもモラハラ被害者は洗脳されてしまい、自覚できません。これが恐ろしいところだと僕は思います。

だから「僕・私が悪いのかもしれない…謝っておこう」と錯覚した時点で、モラハラだと判断していいはずです。

ただし本人は気付いていないので、自分からのアクションが出来ないことの方がネックなのですが。。。

モラハラに気付いたら逃げるべき

前述の通り、モラハラは相手を洗脳しています。だからモラハラされている人は自分では気づかないことが多いようです。

今回例に上げたAさんの奥さんも「旦那さんモラハラですよ」と言われて、こう答えていました。

Aさん妻
えー!?いや、旦那はモラハラとはちょっと違ってー・・・・

この時点で確実に洗脳です。モラハラ夫に洗脳されておかしくなっちゃっています。

僕の妻も洗脳されていた一人です。

友人から「それはモラハラ夫だよ」と言われて気付いたそうです。

自分でいうのもおかしな話ですが、モラハラはそう簡単に治るものではないと思っています。

もし夫がモラハラだと気付けたのなら、逃げるべきかなと。

元モラハラ夫だった僕だからこそ、意味があると思うのであえて言います。

夫婦でなくても周りに怪しいと思う人がいたら、被害者にコッソリ伝えてあげて。そして「モラハラを受けているな」と気付いた人は逃げて!

モラハラは悪だから!

モラハラ夫をなおすためには

モラハラ夫をなんとかしたいと思っている方に、僕から一言アドバイスをすると、

モラハラ夫を突き放してください!

もちろん物理的にではなく、精神的に。

僕は妻に言われて、頑張ろうと決意した言葉があります。

夫婦は他人だからお互い気を使って成立するもの。所詮紙切れ一枚だからいつでも終われるからね!

夫婦は他人。

当たり前なんですが、この言葉は僕にとってはまさに目から鱗。まったく意識外のことでした。

リチャ
そうか……夫婦という言葉に甘えてた。僕が変わらなきゃ!
僕は妻を失いたくない一心で、モラハラから脱却しました。

意識・行動・口調などすべてが変わりました。

僕は恵まれています。妻がボロボロになりながらも向き合ってくれたから。本当に感謝しています。

本は気休め程度

僕は常にイライラしている人間だったので、「怒りを消す本」をいくつか読みました。

正直なところ、効果があったかというと微妙なところです…。

モラハラ脱却後に読んだアンガーマネジメントの本は頭に残っていますが、これがモラハラ真っ只中だったときに読んだらどうだったのか……。

被害者側の本は多いです。こちらの本はモラハラ加害者・被害者のチェックリストや相談窓口も書いてあります。

ただ、モラハラの種類は十人十色。本の内容は参考程度におさめておくのがいいと個人的には思います。

「モラハラ夫の扱い方」のような本も多いですが、モラハラ被害者は逃げてほしい気持ちが一番なので、あまりオススメできません。。。

周りの協力が不可欠だが、頑張りすぎは禁物

モラハラ夫は自覚がないので自らなおすのは難しく、ある程度周りの頑張り・協力が必要です。

モラハラで多いのは夫婦間なので、パートナーが頑張るということになりますね。

しかし「頑張り過ぎは禁物」です。

努力してムリだったら切り捨ててください。あなたがモラハラに洗脳される前にまずは自分を大事にするべきです。

モラハラは人間の根幹からなおす必要があるので、簡単には直りません。

僕も何度も諦めようとしました。白髪も増えました。1年以上かかってようやく脱モラハラできたと思います。

何度でも言います。ダメだと思ったら逃げてください!!これ以上は自分が危険!と感じたら真っ先に逃げてください!

 

僕と妻で夫婦対談、僕の妻側同目線、同じく元モラハラ夫目線の方の記事をおいておきますので、こちらも読んでみてください。

まとめ:モラハラを受けている方が少しでも幸せになりますように…

モラハラは加害者も被害者も気付かないことが多い特殊なハラスメントです。気付いていないだけで、潜在的なモラハラ家庭は相当数あると思います。

僕も自分がモラハラだとは思ってもみませんでした。

「モラハラされているかも」
「もしかして自分のこの行動ってモラハラ?」

と思ったときは、少し冷静になってこの記事のことを思い出してもらえると幸いです。

以下の特徴に少しでも当てはまったらモラハラを疑うべきです。

モラハラの特徴
  • 絶対に謝らない
  • 自分ルールがあり、常に自分が正しい
  • ストレス耐性が強く、注意が届かないくらいポジティブ
  • 自分本位すぎて、相手の気持ちがわからない

本記事を読み、少しでもモラハラ加害者・被害者の方に気付いて貰えれば幸いです。

何度も何度も伝えますが、ムリだなと感じたら、すぐに逃げてください!

追記(2017/12/02)

本記事がキッカケで、朝日新聞さんに取材を受けました。そちらもよろしくお願いします。(有料会員になると僕と妻の取材が読めます)

取材を受けた朝日新聞デジタルの記事
>>>ワンオペ妻VSフラリーマン夫 覚悟の一言が変えた育児

取材からあらためて考えた僕の思い
>>>朝日新聞に取材を受けた元『モラハラ・自己中・短気』夫の話

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. より:

    リチャ様

    初めまして。私は13年以上モラハラ夫に洗脳されていた妻です。

    このブログを読ませて頂いて、主人がどういう気持ちで私に対して接してきたのか、よく分かりました。

    私パートで働いているのですが、お休みの日はto doリストに私のやるべき事を全て書き出してました。私と子供だけでの外出の時はどうしたら行けるか(時間割?)を書き出し、写メして私に送ってきてました。
    基本私の事は信用していないので、何につけても否定されてきました。
    主人の帰宅が遅いときは、私はご飯の準備をしなきゃいけないので、子供と疲れて寝てしまっているときもわざと音を立てて私を起こしてましまた。
    1度間違って鍵を閉めていて(主人は鍵を持ちません。鞄から鍵を探すのが面倒らしいです)子供と寝ていて、私が起きなかった時はドアをかなり蹴飛ばした為、壊れてしまい修理しました。
    それからは、怖くて少しの物音でも何回も夜目覚めるようになりました。

    でも、これだけの事をされても、リチャ様がおっしゃるとおり、少しも主人が悪いとも思わず私が悪い…と思い込んでいました。
    自己肯定力が全くなくなってしまい、毎日外にいてもすぐに謝るくせがついてしまいました。

    ただ、暗い顔をしていると主人に怒られるので、なるべく明るく、何でもないように振る舞っていました。

    そのストレスからか、毎日私は生きていることが罪、死にたいと思うようになり、一晩に何回も心臓が締め付けられるような痛みと寒さで気絶をして寝る‥という症状がありました。

    そして、朝起きても主人の準備をしたら、動けなくなり自己嫌悪に陥り、涙が止まらなくなりました。

    小さな事も主人が決めないと私だけでは判断が出来なくなりました。
    アイス1つ、自分で選べないのです。主人が好きな物はどれだろう?これを選んだら怒られないかな?それが私の基準です。
    自分が好きな物はありません。
    だって、私が好きな物を作ってしまったら主人に合わせられないから。

    主人が好きなことを私が好きになればよい。

    でも、限界が来たみたいで、ついに精神疾患になってしまいました。
    その時も主人はお医者さんに自分の正論と思うことを話して、通わせないようにするように言っていました。
    でも、私が眠れない日々が続き、手足の震えが止まらなくなったため、通院することに‥というよりも、医師から入院し下さいと言われました。

    ここまで来ても、私は自分はなんて弱い人間なのだと涙がとめどなく流れました。

    もちろん、主人からは優しい言葉ではなく、なんでそんなに弱いんだ!と私を否定する言葉しか出てきませんでした。
    自分は何でも出来るのに、おまえは何も出来ないなぁ‥と‥
    私は出来損ないな人間で生きていること自体が罪だと思っていると‥伝えた所、本当にマイナス思考で嫌になる‥と泣いてる私にあきれ顔で舌打ちをしていました。

    ごめんなさい‥

    長々と‥初めて他人に話してしまったら、止まらなくなってしまいました。

    • リチャ より:

      花様
      はじめまして。返答が遅れてしまい、大変申し訳ありません。

      コメント読ませていただきました。
      13年以上も、そして今もお辛い思いをされているのだと思います。

      元モラハラ夫の僕が言えた口ではありませんし、他人の家庭に口を出すべきではないのは重々承知ですが、

      花さん、逃げて下さい。

      あなたの人生はあなたのものであって、夫さんの人生を背負う必要はありません。
      自分の思い通りにならないと怒るというのは立派なモラハラだと思われます。

      医師が入院すべきと判断したのなら入院して下さい。できれば夫さんには病院は教えないほうがいいかもしれません。
      お子さんがいらっしゃるとのことなので、簡単には決断できないかもしれません。

      でも、今のままの花さんは毎日がなにも楽しくないと思います。
      ご実家やご親戚にお子さんと一緒に身を寄せるのもいいかもしれません。

      今一度いいます。花さんの人生は花さんのものです。「自分さえ我慢すれば…」なんて考えは捨てて下さい。

      花さんの状況が好転することを切に願います。。。

  2. モンモン より:

    リチャ様

    私、32歳、彼女、30歳です。付き合って、もうすぐ2年になります。彼女とは、結婚の話がでています。しかし、私に踏み出せない理由があります。

    ①彼女が口煩い。言葉の使い方や立ち振る舞いを凄く言われます。それが自分にプラスにもなりますが、度がいき過ぎてると感じることもありストレスです。

    ②彼女から、お互いが同等の立ち位置でいたい。と言うものの、私が失敗や彼女に嫌な気持ちにさせると責められるのに、彼女が私に何かをして、僕が意見を言うと逆ギレされます。

    ③精神的に不安定。睡眠薬を飲んでいたこともある。

    ④問題が起こると自分のことは、棚に上げて怒り出します。後で謝罪をしてきますが、その間が苦痛だったり、謝罪したあとは、何もなかったかのように振る舞います。
    ②と重なる部分がありますが、私は、お互いが悪かったら、お互いが謝って、それでこの話は終わりでいいと思います。しかし、彼女は、私を責めたり罵倒したり、人格否定もしてきます。家族のことを否定してきた時もありました。長い時は、電話で3,4時間も言われます。本当にそれは苦痛でノイローゼになり、夜、寝られないこともあります。そこを私が注意したら、治ってはきましたが、未だに3,4時間の電話は、当たり前。私が意見を言っても、彼女の勝手な解釈により、言いくるめられます。私は、ただ黙ったり、言葉を選んで話をすることが苦痛です。

    ⑤謝らない。謝っても軽い感じか義務的。

    ⑥自分に甘く、私に厳しい。

    ⑦外面がいい。異常に人のことを気にする。

    ⑧こだわりが強く頑固。

    彼女には、いいところもあり、尊敬する部分もあります。2人でバカ笑いをするくらい楽しい時もありますが、重要な話のときに上記なことになると辛くなります。まして結婚となると考えてしまいます。

    リチャ様のご意見をお聞かせください。

    乱文で申し訳ございません。

    • リチャ より:

      モンモン様
      コメントありがとうございます。
      僕は専門家ではないので、参考程度に聞いていただきたいのですが、モンモンさんと彼女さんの関係は、以前の僕と妻の関係に似ています。彼女さんはモラハラ気質かもしれません。
      結婚話も出ているとのことですし、楽しいときもあるとのことなので、モンモンさんの気持ちを正直に伝えるのはアリかもしれません。

      それでムリならムリでしょうし、少し信じてみるのもいいでしょうし。
      どんな判断をしても、僕はモンモンさんを応援しますよ。

      ただ、モンモンさんご自身が一番大切ですので、信じる・頑張るのであればムリのない範囲で。かつ退路、別れる覚悟も必要かと思います。
      かなり辛いとも思いますので、もし頑張るのであれば期間を設定すべきだと思います。

      モンモンさんが後悔のない選択をできるよう願っております。

      • モンモン より:

        リチャ様
        お忙しい中、ありがとうございます。
        話し合いをしてみます。
        その後にどうするか、考えてみます。
        ありがとうございます。

  3. リリィ より:

    はじめまして(*・ω・*)
    結婚して4年、主人が32歳、私31歳、1歳になる子とお腹にも子供がいます。
    この記事を読ませていただき、ほとんど主人に当てはまるので、やはり主人はモラハラ夫だと確信しました。喧嘩をすると、主人は決して謝らず、私が悪くなくても悪い方向に話を持っていき、私が謝って終わるというパターンが毎回続いています。
    私が妊婦なため、これ以上ストレスは抱えたくないと思い、“逃げてください”と書いてあったので、実践したいと思いますが、離婚だけは避けたいです。リチャさんの奥様はどのように向き合われましたか?体験談等がありましたら教えて欲しいです。

    • リチャ より:

      リリィ様
      コメントありがとうございます。

      妻には「夫婦だって他人だから気を使わなきゃいけない」「私が嫌だからやめて」と常に言われていました。この2つの言葉が個人的には心に響いて、改心を決意した経緯があります。
      僕と同じようにモラハラ夫から脱却した方を知っていますが、その方は第三者から「奥さん傷ついている感じだったよ」と言われて気づいたと言っていました。

      おそらくいろんな向き合い方・アプローチの仕方があるはずなので、リリィさんの夫さんに響く言葉が必ずあるのではないかと思います。
      あまり無理せずにご自身とお腹の赤ちゃんを第一に考えてくださいね。
      元気な赤ちゃんが生まれることを祈っています。

  4. まりん より:

    初めまして。モラハラについての記事をたくさん読みこちらにたどり着きコメントさせていただきます。
    付き合っていた彼がモラハラで先日別れました。
    しかも壮絶な別れ方でした。
    束縛、私には理解できないことで怒りキレる、
    2.3回の会話で終わるような内容なのに怒りまくり数時間に及ぶ。あとは引かず喧嘩が終われば普通です。
    人格否定、暴言、壁を殴る、物を投げる、机を叩く、鬼の形相。何度も怖いと伝えたりやめてほしいともいってきたのですが耐えきれず。。。
    ただ改善してるところもかなりありました。
    それに本人もなおしたいみたいなことはたまに言っていたり。楽になるために別れたのですがモラハラを受けていた時より辛くて。もちろん時間がたってないのもあると思います。もう何日も眠れず食べれずただ毎日泣いています。それはあちらもみたいで、第三者を通してからの様子や伝言をもらいました。
    気づかなかったけど感謝している、ごめんと。あと私の荷物を整理した時に普段開けない引き出しや触らない棚を触って初めて自分が不自由なく生活できていたことがわかったと。後悔しているみたいで、こんなことになって初めてわかったみたいです。
    正直復縁したいです。復縁したいけどしたくない。矛盾している感じです。ただネットでいろいろ見てもなおすことはかなり難しい、一時期治ってもまた戻ると。それを見ても彼に会いたいです。彼が自分のモラハラを認めているのか、モラハラと思っているのかはわかりません。けど本人が認め、病院、カウンセリングに行く、親の監視付き(私からの報告)、私が出した条件を飲むのなら戻りたいと思ってます。
    なにかアドバイスや元モラハラということでどう思うかを教えていただきたいです。

    • リチャ より:

      まりん様
      コメントありがとうございます。返答が遅くなり申し訳ありません。

      僕も妻から「カウンセリングに行こう」と言われてからかなり変わったので、効果はあるかもしれません。実際にカウンセリングは受けておらず、それほどひどい状態だったのか…と思い直すことでモラハラを直すことができたと思っています。
      まりんさんはおそらく「彼が変わってくれるのなら復縁したい」という状態だと思うので、条件付きというのはアリな気はします。がんばるだけ頑張ってみて、それでダメならすっぱり別れるくらいの気持ちが必要かなと僕は思いますが…。妻も僕と対峙するときはある一定のラインを決めていたようなので、「これ以上はもう無理」とか「半年は様子見てみる」とか何かしらリミットを設けることをオススメします。そうしないとズルズルいってしまう気がするので。僕はリミットを言われていたので、必死で直しました。

コメントを残す

関連キーワード