元モラハラ夫だからわかる『モラハラの独特な思考回路と対策』

モラハラ夫逃げる

最近ある一人の『モラハラ夫』に注目したテレビ番組を拝見しました。

僕は元モラハラ夫です。

そのため、モラハラ夫のテレビを見て「あーたしかになー」なんて納得してしまう部分があったんです。普通の感性をお持ちの皆さんからしたらドン引きなんでしょうね。

現在は克服したとは言えモラハラ夫ということは恥ずべきことなのですが、今回は包み隠さず書いていきます。

脱モラハラに成功した僕だからこそわかる「モラハラの思考回路」と「モラハラ対策」について考えていきます。

【※注意】
モラハラという定義はかなり曖昧です。なので、「それってモラハラなの?」と思うこともあるでしょうが、あくまで「僕基準」で話していくことをご了承下さい。

モラハラ夫を見た我が夫婦の感想

冒頭でも説明したように、話題になっているあるテレビ番組を夫婦で見ていました。そこではあるAさん(男性)の言動がおかしいという話が進んでいきました。

スタジオでは笑いが起こっていましたが、弁護士さんには「Aさんの言動はモラハラだ!」と一喝されていました。

Aさんのモラハラ内容をまとめると

  • 絶対に謝らない
  • こだわりが強く、それが妻の負担になっているとは思わない
  • 注意をしても、ポジティブすぎて言葉が届かない
  • 自分の行動が相手のためになっていると思い込んでいる

 

テレビを見終わったところで、お互いに感想を言い合うことに。

【妻の感想】

妻

気持ち悪い・・・それ以外の感想が出てこない・・・

【僕の感想】

リチャ

リチャ
まぁ、、、理解はできるというか・・・思考はわかるというか・・・

 

・・・妻にドン引きされました。

脱モラハラをした今だからこそ、Aさんがおかしいことがわかります。Aさんの行動・思考が僕と似ていて、僕もこれだけひどかったんだなということも冷静に判断できます。

もし!僕がモラハラ夫だった当時にこのテレビを見たのなら、理解できていなかったのかもしれません。

僕の箇条書きだけでは伝わらない部分もあると思うので、気になる方は「アナウンサー モラハラ」とかで検索して見てください。

モラハラについての個人的解釈

では、先程紹介したAさんのモラハラについて僕なりに考えていきます。

・絶対に謝らない
→プライドが高い。自分は悪くない(と思っている)。他人に厳しく、自分に甘い。

・こだわりが強い
→自分ルールができている。常に自分が正しい。

・何を言ってもポジティブ
ストレス耐性が強い。

・自分の行動が相手のためになっていると思い込んでいる
→思いやりがない。自分の行動で相手が困るという発想がない。

モラハラについて僕の解釈をまとめると、ポジティブモンスターです。(ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でいましたね、ポジモン。彼女はモラハラではありませんでしたが。笑)

基本ポジティブで自分の思い通りにいくと思っている。そして、本当に思い通りにいっちゃう。

だからこそ、自分の行動が相手のためになっているという謎の自信が生まれてしまうのです。

全てが悪循環。こうやって自分に自信を持ってしまうことが全ての根源だと思います。

善意とストレス耐性の強さ

モラハラ夫は悪意ではなく、善意で行動しています。

善意と言うと言い過ぎかもしれませんが、少なくとも相手にとって悪であるとは思っていません。だから、純粋な悪意よりも厄介なのです。

それに合わせてストレスに対する強さ。ストレス耐性が高いため、自分が何を言われても傷付きません。

なので、基本的に自分基準で物事を考えてしまうんです。

ストレス耐性の高さ・自分本位の考え方、これらが合わさればポジティブモンスターの出来上がりです。

ストレス耐性については実はカラクリがあるんですが、それについてはこちらの記事をお読みいただければ幸いです。

「自覚のない洗脳」が問題

謎の自信があるために、相手を自覚なく洗脳してしまうんです。

「俺の方が正しい。相手が謝るべき。」

こういう思考の方、危ないと思いますよ。たぶんモラハラ気質がある。既にモラハラしてるかもしれない。

僕がまだモラハラ夫から完全に抜け切れていない時、妻に言われてハッとしたのが

モラハラ夫→謝らせる
妻→「謝っている自分の方が悪いのかも」と錯覚する

ということでした。

「自分が悪いのかもしれない・・・」という気持ちはモラハラ気質のある人には決して理解できないことなんですよね。


自分が正しいと思うならなぜ謝るの?悪いと思うから謝るんでしょ?俺は悪いと思わないから謝らない。

これを素で言えてしまう人間がモラハラです。はい、僕も実際そう思っていました。

極端な言い方をすれば「謝った人が負け」だと思ってました。

勝負ごとでもないのに勝ち負けってなんだよって。今なら思いますよ。

Aさんも番組内で「奥さんに謝ったほうがいい」と言われていましたが、一切謝ろうとしていませんでした。

「謝罪の基準を下げたくない」と言っていましたが、要はプライドが高いだけなんです。

「ごめんの一言で円滑になる関係がある」ことを知らないのです。

僕は謝ることを覚えてモラハラ夫を脱出することができました。

でも、モラハラは基本的に自覚がないため、そもそも直すという意識がないことが多いと思います。


キミ、モラハラだよ

え?どこが?私はこうでこうでこんななのに?

まずは自分のことを認められませんからね。モラハラに限らず、大人になってからだと人はそうそう変われません。

喧嘩したときのモラハラ的思考

謝罪の話と似ていますが、喧嘩したとき皆さんならどうしますか?

自分に非があれば謝りますよね?

モラハラはそうじゃないです。そもそも、まず自分が悪いなんて思わない。

責められても何か会話の穴を見つけようとし、逆にその穴を突いて責めるんです。

Aさんの会話を例にすると、

A妻

A妻
急にどこかへ行きたがる。準備が大変で迷惑。
A

A
仕事の予定によるからしょうがない。夜中の間寝ずに運転してるのは僕。サービス精神

A妻

A妻
外食のお店も勝手に決められてしまう。
A

A
妻が優柔不断だから僕が決めてあげている。

良い言い方をすれば頭の回転が早い。

悪い言い方をすれば揚げ足取りがうまい。

相手に反論の余地を与えずに、「自分を説得するなら完璧な理論を言ってこい」というスタンスなんですよねモラハラって。

あと、実は完璧主義なのだと思います。穴のない理論を求める。

これももちろん相手にだけ。相手に厳しく自分に甘く。それがモラハラです。

モラハラ夫は謝罪しない?

ではモラハラ夫は謝罪をしないのか?

そんなことはありません。謝る時は謝ります。僕は謝っていましたよ。でもね、その先が問題なんです。

本来は謝罪をして、自分の行動を改めていくということがワンセットのはずですよね?

ですが、モラハラ夫は謝ることが終着点なのです。なぜなら、謝っていても「自分は間違っていない」と思っているから。

謝りました。はい、もういいでしょ。って感じ。

ただ、その場を落ち着かせる為だけに最終手段として謝るんです。


なんで不満そうなの?謝ったじゃん。それ以上どうすればいいの?

 

何度も言いますが、自分は間違っていないと本当に思っているので謝る以上のことが浮かばないのです

ここで矛盾に気付きませんか?

僕は先ほどこう書きました。

自分が正しいと思うならなぜ謝るの?悪いと思うから謝るんでしょ?俺は悪いと思わないから謝らない。

「それはモラハラ夫自身もそうなのではないのか?」と思いますよね?

違うんです。自分に甘く、他人に厳しく。

自分で言うのもおかしな話ですが、本当に面倒臭いですよね。。。なんなんだよモラハラって。。。

対外的には便利な能力でもある

「文章のアラを探す。話の穴を見つける」

実は、モラハラのこの能力は対外的な部分で非常に役に立ちます。

例えば、携帯の契約。

最近の携帯契約は非常に複雑で、何かわからないまま契約している人も多いですよね?

「アラを探せる。穴を見つける」=「矛盾点・おかしな点が発見できる」能力なのです。

だから、契約でおかしな点にすぐ気付き、変な契約をすることもないです。

度が過ぎるとクレーマーになるので注意です。僕も未だに妻に注意されることがあります・・・



モラハラとジャイアニズムの違い

究極的なことを言うとモラハラ全員に言えることは

「自分以外は信じない。自分が一番。 」

ということ。

似た概念に俺様主義のジャイアニズムがありますが、これとはちょっと違います。ジャイアニズムには有名な言葉がありますよね。

「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」

ジャイアニズムは有無を言わせず自分のペースに持ち込みます。

対して、モラハラは
「へーそんなふうに思うんだ。ココとココが間違ってるのにどうしてわからないの。」

と相手を諭して自分のペースに持っていく感じ。上から抑えつけるのではなく、口調は優しいことが多い。これがミソかなと。僕の場合は口も悪かったですが。。。

到達点は同じでも過程が違います。どちらかというとモラハラの方がタチが悪い気がしますが。。。

結局、モラハラの判断基準は何?

冒頭でも書きましたが、モラハラに限らずハラスメントというものは定義が非常に曖昧です。

例えば、上司が部下に対して「お前」と呼んでも部下が受け入れれば何もなく、不快に思えばそれはパワハラになったりします。

ここまでモラハラについて語ってきて、今更ですが『モラハラとはなにか?』について僕の個人的な意見を述べます。

モラハラ=モラルのない人 ×

モラハラ=被害者がモラハラだと思ったら △

モラハラ=被害者が「自分が悪い」と錯覚したら ◯

僕の思うモラハラの怖いところは被害者が「モラハラ」だと感じづらいということです。

最近増えたハラスメントですが、基本はどれも「相手がハラスメントだと思ったらダメ」なんです。

最近はいろいろなハラスメントが増えましたが、どれも相手(被害者)が「これはハラスメント(嫌がらせ)だ!」感じることが発覚するキッカケのはずです。

でも、モラハラ被害者は洗脳されてしまい、自覚することが出来ない点が恐ろしいところではないかと僕は思います。

だから、「あーこれは僕が・私が悪いのかもしれない・・・」と錯覚した時点でそれはモラハラだと判断していいはずです。

ただし、本人は気付いていないので、自分からのアクションが出来ないことの方が多いでしょうが。。。

モラハラに気付いたら逃げる

前述の通り、モラハラは相手を洗脳しています。だからモラハラされている人は自分では気づかないことが多いようです。

今回例に上げたAさんの奥さんも「旦那さんモラハラですよ」と言われて、こう答えていました。

A妻

A妻
えー!?いや、モラハラとはちょっと違ってー・・・・

もうこの時点で洗脳です。モラハラ夫に洗脳されておかしくなっちゃっています。

僕の妻も友人から「それはモラハラだ」と言われてハッと気付いたそうです。

もし気付けたのなら、逃げていいと思います。

元モラハラ夫だった僕が言えた立場ではないんですけど。。。でも僕が言うからこそ意味があるとも思うので敢えて言います。

夫婦でなくても周りに怪しいと思う人がいたら、被害者にコッソリ伝えてあげて。

そして、モラハラを受けているなと気付いた人は逃げて!

正直言ってモラハラは悪だから!

モラハラを直すためには

もし、夫・妻のモラハラを直したいのであれば、妻が僕にしてくれたことをまとめた記事がありますので、そちらを参考にしてみて下さい。以下は妻のブログのリンクになります。

ただし、前述したように「頑張り過ぎは禁物」です。やるだけやって無理だったら切り捨てて下さい。あなたがモラハラに洗脳される前にまずは自分を大事にするべきです。

これ以上は自分が危険!と感じたら真っ先に逃げてください!

 

パートナーのモラハラをなんとかしたいと思っている方に、僕から一言アドバイスをすると、

モラハラしている相手を突き放して下さい。

僕は妻に言われた言葉で頑張ろうと思ったものがあります。

「夫婦は他人だからお互い気を使って成立するもの。所詮紙切れ一枚だからいつでも終われるからね。」

当たり前なんですが、この言葉は僕にとってはまさに目から鱗。全く意識外のことでした。

妻を失うことは嫌だ。変わらなきゃ。

こう意識を新たに、僕はモラハラからの脱却に成功しました。僕は本当に恵まれています。妻がボロボロになりながらも向き合ってくれたから。

本当に感謝しています。

モラハラ夫は自覚がないので、自ら直すのは難しいです。ある程度周りが頑張る必要があると思います。モラハラで多いのは夫婦間なので、パートナーが頑張るということになりますね。

しかし、「モラハラが直るまで精一杯頑張る」というよりは、「ある程度まで頑張って無理なら無理で諦める」方が良いかなと思います。

何度でも言います。ダメだと思ったら逃げて下さい!

まとめ

モラハラは加害者も被害者も気付かないことが多い特殊なハラスメントです。気付いていないだけで、潜在的なモラハラ家庭は相当数あると思います。

僕も自分がモラハラだとは思ってもみませんでした。そもそも、モラハラ自体の意味を正しく理解できている人すら少ないと思います。

「モラハラされているかも」

「もしかして自分のこの行動ってモラハラ?」

と思ったときは、少し冷静になってこの記事のことを思い出して下さい。以下の特徴に少しでも当てはまったらモラハラを疑うべきです!

【モラハラの特徴】

  • 絶対に謝らない
  • 自分ルールがあり、常に自分が正しい
  • ストレス耐性が強くて、注意が届かないくらいポジティブ
  • 自分本位すぎて、相手の気持ちになれない

 

この記事を読んでもらって、少しでもモラハラ加害者・被害者の方に気付いて貰えれば幸いです。

長文をお読み頂き、ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『自分が全て正しい』と思っていた当時の僕へ~自分を客観的に見ろ~

自己中を直す

「自己中夫」改革~妻が僕を変えた4つの手段~