『しまうまプリント』で子供の写真をプリントしてみた!アプリでラクラク注文!

みなさん、子供の写真はもちろん撮っていますよね!?

僕はもう息子がかわい過ぎて撮りまくりです!

でも、撮った写真ってプリントしていますか?我が家はしていません(笑)

せっかく一眼レフでも撮影しているんだし、何かしらの形で残したい・・・

ということで、今回は安さで有名な『しまうまプリント』を利用して子供の写真をプリントしてみました!

しまうまプリント

しまうまプリントの売りはなんと言っても一枚6円からプリントできる安さです。送料は90円ですが、100枚以上なら無料になります。

※2017/10/01~2017/11/30の間、期間限定で一枚5円です!

以前、試しに楽天写真館を利用したことがありますが、楽天では一枚12円でした。しまうまなら半額になるということです。

そして、スマホアプリからできるという点もラクチンです。スマホで撮影した写真をそのまま注文できます。

今回はパソコンからとスマホからの操作性の違いも確認していきたいと思います。

実際に注文してみた!

まずは自分で注文してみました!

届いたのはこちら!ドドン!

ポストに入っていました。受け取る必要がないので楽チン楽チン♪

では早速開けてみよう。ビリビリビリ~~

いやいやいや(笑)四隅どこから開けてもフィルムの上だけ剥がれてしまって、開けられやんやないかいー!

・・・写真を傷つけないように気をつけながらハサミで開けました。

写真はこんな感じです。モザイクなので何にも伝わらないと思いますが。。。

ま、普通にいい感じ。個人的にはその辺のお店にあるセルフプリント機よりも全然綺麗だと思います。

ちなみに注文から写真到着までは5日かかりました。

1.10/14  注文&注文から確認メール
2.10/15  発送メール
3.10/19  写真到着

注文の翌日(10/15  13時)には発送メールが。素晴らしい対応の早さです。

到着までは4日かかっていますが、鹿児島→関東なのでしょうがないのかなーと。

今回はKGというハガキサイズを4枚だけ注文して送料込みで134円でした。プリントしに行く手間、取りに行く手間などを考えたら驚きのコスパですよ。

満足のいく写真プリントでした。

ちなみに、今回プリントした写真はネームバンド写真立てに入れてみました。

産院で付けていたネームバンドと一緒に飾れるこの写真立て。妻のお気に入りです。

スマホアプリからの注文

では、スマホアプリから注文についてご説明します。まずは以下からアプリをダウンロードして下さい。

しまうま写真プリント〜スマホ写真を簡単ネットでプリント〜
しまうま写真プリント〜スマホ写真を簡単ネットでプリント〜
無料
posted with アプリーチ

アプリを起動するとこんな画面になり、無駄な要素を省いて注文に特化していて良いと思います。(以下、アプリの画像は全てiPhoneのものです)

公式のアプリでも広告が出てくるものもありますからね。シンプルが一番。しまうまプリントのアプリでは広告は一切出ません(と思っています笑)。

写真選択画面の各アルバム分け

注文ページまで進むと写真選択画面になりますが、これが便利。

僕はiPhoneで注文していますが、カメラロールのアルバムをそのまま表示してくれます。それが次の画像になります。

僕のアルバムで言うと、以下の通りです。

OLYMPUS 一眼レフからiPhoneに転送した写真
Twitter Twitterから保存した写真・画像
カメラロール iPhone撮影分+上記を含んだ全て

なので、「スマホで撮ったあの写真」とか「一眼レフで撮った集合写真」など選択しやすくなっています。

トリミングも簡単

撮影サイズによってプリントする際に端が切れてしまいますが、自分どこが切れて良いかを設定できます。指で操作するだけなので簡単ですよ。

以下の画像で言うと、赤枠内がプリントされる部分になります。

画質も確認できる

撮影サイズが小さいと大きめ写真をプリントする際にぼやけてしまうことがあります。

しまうまプリントでは写真を選択するときに画質は問題ないかを教えてくれます。次の写真の赤い二重丸です。

◎なら問題なし。△や✕が表示された場合はそのサイズでは避けた方が無難だと思います。

注文の際に教えてくれるのであれば、写真が手元に届いてから「あーやっぱり駄目かー」なんて落ち込むこともなくなりますよね。

動作はもっさり

アプリの動作はサクサク!・・・とまではいかず、もっさり目です。

写真のデータ容量は大きいのである程度はしょうがないのかもしれません。

「イライラしてもうこのアプリ使いたくない!!!」という程ではないので無問題です。

パソコンから注文

次にパソコンからの注文の特徴です。結論から言うと、僕はアプリからの注文の方がしやすい印象を受けました。

でもせっかくなので、パソコンでの注文方法もご紹介します。

こちらから注文ページへ移動できます →しまうまプリント

次の画像の矢印部分から注文ページへ移動できます。

画像のアップロード方法

パソコン注文では「アプリモード」と「ブラウザモード」という二種類の方法がありますが、便利な「アプリモード」はブラウザがInternet Explorer(IE)でないと使えません。

上記画像の青枠内になります。僕はGoogle Chromeを利用しているので「アプリモード」はバツになっています。

これが、個人的にパソコン注文での一番のネックです。まぁ、IEを使えばいいんですけど、嫌いなんですよねIE。。。

ブラウザモードだとトリミング位置の調整不可

前述しましたが、Internet Explorer以外のブラウザだと「ブラウザモード」を利用するしかありません。

その「ブラウザモード」だと、プリントする際のトリミングの位置が設定不可能になってしまいます。

自動で切られてしまうようなので、自分の予期せぬ写真となってプリントされてしまうかもしれません。。。

IEを使えばいいんですが、それでも使いたくないくらい嫌いなんです(笑)

しまうまプリントの欠点

「異なるサイズの注文を一度に出来ない」ことが不便で、ストレスが溜まる部分でした。

パソコン・アプリ共にできませんでした。

今回僕が欲しかったのは『KGサイズ』。いわゆる『はがきサイズ』と呼ばれるものですが、通常サイズは『Lサイズ』。

これが一緒に注文できないんです。これさえできればもっと便利になるのになぁ・・・

ちなみに、『Lサイズ』と『2Lサイズ』は同時注文OKです!『KGサイズ』だけは別注文となってしまい、送料も別途かかってきます。

アプリとパソコンの使い分け

スマホ撮影の写真→アプリから注文
一眼レフ等のカメラで撮影の写真→パソコンから注文

これが一番ラクな使い分けだと思いますが、別注文となってしまうので送料も余計にかかってしまいます。

少し手間ではありますが、スマホかPCのどちらかへ写真をまとめて注文する方がいいでしょう。

最近の一眼レフはスマホ転送機能は必ずありますし、スマホからパソコンへの転送も簡単なものです。

Amazonプライム会員ならプライムフォトを利用するという手もあります。

プライムフォトとは、写真が容量無制限でクラウド上に保存できるサービスです。僕は写真は全てプライムフォトにバックアップしています。

10TBとか使用している人もいましたよ。

プライムフォトの詳細はこちらからどうぞ。

Prime Photo(プライムフォト)

まとめ

『しまうまプリント』を実際に使ってみた感想と使い方をご紹介しました。

今回は4枚しかプリントしませんでしたが、100枚以上注文するなら送料もかかりませんし、一週間以内に写真は届くと思います。

せっかく子どもの写真を撮るのですから、プリントして飾ったりアルバムにした方が見返すことも増えていいですよ!

僕はしばらく『しまうまプリント』でプリントしてみたいと思います。

では、よい子育て写真ライフを!

しまうま写真プリント〜スマホ写真を簡単ネットでプリント〜
しまうま写真プリント〜スマホ写真を簡単ネットでプリント〜
無料
posted with アプリーチ

しまうまプリントにはプリントだけでなく、フォトブックもあります。

しまうまフォトブック・スマホでフォトアルバムを簡単注文
しまうまフォトブック・スマホでフォトアルバムを簡単注文
無料
posted with アプリーチ

 この記事へのコメント

  1. むーむー より:

    いつも記事を読み参考ににさせて頂いてます、もうすぐ6ヶ月の娘の母です。
    こんなお節介なことをコメントして失礼かと思いますがお許しください。

    カメラが好きなものでつい気になってしまいまして…

    ミラーレスはミラーレス一眼ですが「レフ」ではありません。ミラーレスとの言葉通りレフ板は入ってませんので「ミラーレス一眼レフ」という物はありません。

    またデジカメで撮った写真の場合「現像」と呼ぶ作業は例えば星景などのようにRAWで撮影した生データを起こすときに使う言葉なのでデジカメの写真を印刷することは現像とは言わないです。「プリント」が適当かと存じます。

    嫌みなコメントのようで申し訳ないです。多くの読者さんがいるでしょうからなるべく正確な言葉選びを。と思いました。
    大変失礼いたしました。

    • リチャ より:

      いつもお読み頂き、ありがとうございます!

      「現像=プリント」だと思っていました。厳密には異なる意味なんですね。
      個人的には幼少期から写真の印刷=現像と呼んでいたので、そのまま使っていました。。。
      記事内の「現像」は「プリント」に修正致しました。

      また、ミラーレスの話は別記事のことですよね?
      確かにミラーレス一眼レフはおかしいですね。勢いで書いてしまっていたようです。こちらも修正しました。

      まだ一眼を持ち始めて数ヶ月のペーペーなのでこういうご指摘は助かります。ありがとうございました。
      (全然嫌味だと思っていないので、また間違っていたら教えて下さい。笑)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベルメゾンのモニターに当選!「裏シャギーロングパンツ」を息子に履いてもらった

パパのパパによるパパのための本「パパと子どものあそび」本当にオススメな一冊です

子供を撮るならやっぱり一眼レフ!僕的一眼レフ活躍シーン

子供用銀行印はどこで作る?印鑑もネット注文の時代です

新米パパが厳選!育児を「ラクに」「楽しく」するグッズ5選

「子ども安全メール」を知っていますか?我が子を事故から守る第一歩!