こんにちは。リチャパパと申します。

毎日楽しく、11ヶ月息子のパパやってます。

今回は息子の「パパ愛」「とーちゃん愛」について。

自分でいうのも恥ずかしいですが、息子のパパLOVE度が止まらないんですよ!

なんて可愛いのでしょうか!

スポンサーリンク

息子のパパLOVE

ここ最近、僕が家にいる間は息子がベッタリなんです。

少しでも息子の側を離れたら

息子
ぎゃーー!

何か他のことをしていると

息子
ギャーーーー!!!!

朝の離乳食&着替えは僕の担当なのですが、そのままベッタリです。僕の歯磨きや着替えさえ許してくれません(笑)

それでも会社には行かなきゃ……。

抱っこして、一緒に玄関まで行って、妻にバトンタッチ!

さぁ息子よ、ママのところへお行きなさい……

行かねぇ!!!!

離れねぇ!

ムリやり妻に変わっても、こっち来ようとする!

いやーかわいい!

もういいか。会社休んじゃうか!

リチャ
もしもし、会社ですか?息子が可愛すぎるので休みます

って連絡したいくらい。

最近はこれが平日朝は毎日。もちろん土日は一日中です。

「近くに来い。俺様の相手をしろ」

といった感じなので、なんなら土日の方がタチが悪いかも?

自分のことは何も出来ない

これほどのべったり度合いなら想像できる通り、自分のことなんてなーんにも出来やしないです。

常に息子にべったり。

ご飯もゆっくり食べられたもんじゃない。

息子の動画をここで見せたいくらいです。

僕が近くにいないと、ギャン泣きで呼んできます。

スポンサーリンク

子供はママじゃないとダメ!?

「ママじゃないとダメ」という意見は、いまだに根強く残っています。

子供はママの愛情が必要。

ママが側にいるべき。

ママがーママがー

……

んなわけあるか。

ママじゃなきゃダメなことなんてないっすよ。

そりゃね、今の日本の現実問題として育休を取るのはほとんど女性だし、時短も多くは女性だし。

子供と関わる時間がママの方が多いのは間違いないです。(男が休まないだけとか、そういう意見もあるでしょうが…)

僕も平日だと、息子と関わるのは朝の約1時間だけ。

仕事から帰宅したらもう寝てます。

それでもこの「パパLOVE」な感じからわかるように、ママじゃなきゃーなんてことはないですよやっぱり。

短くても毎日関わりを持っているから?

我が家と同じ頃に友人夫婦に娘さんが生まれました。

そこのパパさんは、朝は娘さんが起きる前に家を出て、帰宅は24時を回ることが普通。

こうなると想像できると思いますが、娘さんがあまりパパさんに懐かない。

毎週土日にはリセットされて、一から娘さんと触れ合うそうです。

そして泣かれると嘆いていました(笑)

そう考えると、

朝の担当が僕で、毎日少しでも息子と触れ合うというのは大切だったのかなーと思います。

朝担当が僕になってから、息子の愛が急激に強くなってきたような気がしています(笑)

朝から晩まで仕事・残業……という会社じゃなくて良かったなーと。

まぁ残業しろとは言われているんですが…。

家でカワイイ息子が待っているんだ!(寝てるけど)

仕事なんてやってられるか!!

とは言っても、それができる会社ってのはそう多くないのかなと。

僕も陰口言われながら、無理矢理やってるようなものですし。

それでも寝る時はパパじゃダメ?

「ママじゃなきゃダメ……ってことはない!!」

なんて言っておきながら、息子が寝るときはママがいいみたいです。

これは生まれてからずーっとそう。

僕が寝かしつけても寝ることは寝るんですが、妻の時とは寝付きの良さが段違いです。

僕が寝かしつけに1時間掛かるとしたら、妻は数分〜20分くらい。

僕だと寝る体勢にすら入ってくれません。

パパだと興奮しちゃう。

これの典型かも知れませんね。

いろいろ試行錯誤はしてみてはいるのですが、まだうまくいくことは少ないです。

こういうワケがあって、お互いの負担軽減・効率化のため、寝かしつけは基本妻の役割となっています。

この辺は話し合って決めているので、お互いに異論はないところです。

まとまらないまとめ

息子ももうすぐ一歳です。

大変なことも多かったし、息子のことで妻と喧嘩したことも結構ありました。

でも注いだ愛情が、こうやって返ってくるのは嬉しいものです。

もちろん、見返りを求めて育児しているわけじゃないですが、僕の事好きでいてくれてるのかなーと思うだけで大変だった日々が報われた感があります。

妻は息子が生まれる前、いや妊娠する前からこう言っていました。

子供は絶対パパっ子にする!

宣言どおり、パパっ子になった息子。

息子にデレデレの僕。

そんな二人を見てニヤニヤしている妻。

お陰様で楽しい毎日です。

スポンサーリンク
コメントを残す

Twitterでフォローしよう