初のベビーカー外出でグッタリ!使用してわかったここ大変!

息子が3ヶ月になろうかという頃、ついに我が家にベビーカーが届きました!

僕は初めてベビーカーというものを押して歩いてみまたのですが、これがまたいろいろ気づく点があったのでまとめました。

気づいた点というか大変なことしかなかった。。。押してるだけじゃねーのかよ!ベビーカーを舐めちゃいけない!

購入したベビーカー

うちが購入したベビーカーはCombiのメチャカルシリーズ。有名なベビーカーですね。


コンビ ホワイトレーベル メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HG

こちらのアカチャンホンポ限定モデルを購入しました。決め手は色。上記のリンクはうちが買ったものとは別物です。限定モデルだったので既に売り切れてしまったようです。

リチャ

リチャ
ベビーカーって黒とか紺が多いけど息子が暑そうじゃね?
妻

そうだね。カーキにしよう

色はアカチャンホンポ限定で、通常のメチャカルとほぼ性能同じながら少し安かったこともありこちらにしました。

ベビーカーに限らず、色で購入を決めることはほとんどない我が夫婦ですが、今回のカーキ(グリーン)色は実物を見た妻がえらく気に入ったようでルンルンしてました(笑)

メチャカルシリーズの性能は公式のページが詳しいので貼っておきますね。

【公式】メチャカル比較表

ベビーカーを触ってみた印象としては「おもちゃっぽい!」

たぶん、メチャカルシリーズのウリである『軽さ』を追求した結果、おもちゃっぽさが出てしまったのだと思っています。

なんかグニャグニャ?グラグラ?しとるし。

他のベビーカーを触ったことがないので、もちろんものによってしっかりしたものもあると思います!ただ、安定感の分重いんでしょうね。。。

ベビーカー買うならアカチャンホンポ

ちなみに、個人的にはベビーカーを買うならアカチャンホンポ一択です!理由はプレミアム保証制度。

もし、ベビーカーが壊れた場合、修理代金分のアカチャンホンポのポイントが付与されます。

ポイントを使って赤ちゃん本舗で商品買ってね♪ということなのですが、ただ修理代金としてなくなったはずのお金で子供用品が買えるのは非常に魅力です。

しかも保証期間は3年間。実店舗はもちろん、アカチャンホンポのネット購入(オムニ7での購入)でも対象となります。

Amazonや楽天市場で同じ商品を購入しても対象にならないのでご注意下さい。詳しくは以下リンクから確認をしてみて下さい。

アカチャンホンポ プレミアム補償

実際に歩いてみて気付いたこと

さて、ではベビーカーでお出かけした際のことについてお話ししていきます。

今回は、家→約10分→駅→電車→約20分→家電量販店(駅前)

というルートを妻、息子、僕の三人で移動しました。基本的にベビーカーを押すのは僕で、妻には子供用品が入ったバックを持ってもらいました。

どんなに小さな段差も引っかかる

思ったより小さな段差が敵でした。ベビーカーのタイヤっておもちゃみたいじゃありませんか?悪い言い方をすると安物感。メチャカルシリーズだけかな?

そのため、道路と歩道の本当に小さな段差でも「よっこらせ」としないとダメなことが判明。

じゃあ安定感のあるタイヤに変更なんてしたらそれはそれで重くなりますよね。兼ね合いの結果がこれなのでしょう。それにしてもこれしんどいなという印象。

タイヤに空気を入れて使うタイプもあるようなので、そちらだとこういうトラブルは避けられそうですね。


エアバギーココ (AirBuggy COCO) ブレーキモデル

ただし、このベビーカーは重さが9.5kgとメチャカルの2倍以上。やはりどっしりはしますね。

店舗で押してみて、個人的に三輪は曲がりにくかったり使いづらかったこともあり、我が家では敬遠しました。

少しの傾斜でハンドルをとられる

水はけのために道路脇にむけて少し傾いている道があったのです(進む方向に右への傾き)。ほんとうに若干。でもそんな若干の斜面にも足をとられる。これがベビーカーなのかと!

そんな若干の傾斜を歩くためにずっと斜めにベビーカーを押していました。ベビーカー恐るべし。。。

進みづらい

上記の2つとほぼ同義です。

平坦な道を進むだけなら全然余裕です。しかし、実際はデコボコがあって、段差があるところを歩かなければいけないので、ぐにゃぐにゃ歩いていました(笑)

まぁこれは慣れればなんとかなるかなーとは期待しています。

電車とホームの段差がしんどい

駅で見かけるベビーカーを押しているお母さんたちは軽々・ラクチンにベビーカーを乗せているイメージでした。

実際やってみると思いのほか難しい。電車に乗ってもベビーカーはどこに止めればいいの?これがわからない・・・(´・ω・`)

今回は家から近場の田舎電車&平日だったので人も少なく利用できましたが、これが休日なら?都内ど真ん中の山手線なら?ベビーカーに嫌悪感を示す人もいるんですよね?

恐くて電車乗りたくないよ。。。

エレベーターを探す手間と乗る手間

エレベーターを探す手間、乗る手間。これも結構なものです。ベビーカーならエスカレーターには乗れませんし、エレベーターは満員なことが多いし。。。

これも今回は田舎なので余裕でした。

エレベーターで一緒になったおばあちゃんに「あらーかわいいねぇ。まだ小さいの?」と話しかけられることもありました。

「まだ3ヶ月ですー」「ほら、息子。こんにちわーって」

息子が靴下履いてなくて、「噂のかわいそうおばあちゃんくるか!?」なんて構えたりしましたが全然でした。疑ってごめんなさい(笑)
(「小さいのに外にだして」「靴下履いていない」と理由つけて「かわいそう」と言ってくる人が結構多いらしいです。僕はまだ遭遇していません。)

息子のぐずり

家電量販店にいる頃から少しずつ息子がぐずり始め、ベビーカーに大人しく乗ってくれなくなりました。

なので帰路は妻が抱っこ紐で息子を抱っこ、僕がベビーカーで荷物を運ぶことに。

これはベビーカーを押している僕から見た荷物の置かれた写真です。

これがベビーカー外出でも抱っこ紐を持っていく理由なんですね。抱っこ紐だけでベビーカーの荷物入れはいっぱいでしたよ。これカゴの意味をほとんどなしてない(笑)

下の写真はカゴに抱っこひもと日よけカバーが入れられた状態です。これ以上何も入らないです(笑)

行きは大人しくベビーカーに乗ってくれていましたし、むしろ自動で寝てくれていたほどだったので、今のところベビーカーが嫌いなんてことはなさそうで安心しました。

ベビーカーで出掛けた感想

「ベビーカーって押してるだけで楽じゃん!」

なーんて前は思っていました。

とんでもない。押すだけでも思い通りにいかないし、結構場所も取るし、大変でした。

楽とか思っててすみませんでした。

この日の帰宅後は夫婦揃ってぐったり。たった2~3時間、しかも結構な時間を家電量販店の椅子に座っていたにも関わらずですよ。

これはベビーカーでの疲れなのか、息子と出掛けて気を使っていたからなのか。そういえば、息子と出掛けたのはスーパーを除けば初めてだったので、気を張っていたのかもしれませんね。

たった2~3時間とはいえ、もしこれを一人でやるとなると。。。何よりオムツや着替えなどの荷物が厄介ですね。一人だと、子供・ベビーカー・荷物を持つ必要があるので。

今回はベビーカーを畳んで持つことはありませんでしたが、これで階段しかない駅とか建物だったらさぁ大変。

一応そういうときのためにメチャカルにしたわけですが、それでも一人で子供も抱えて、荷物も抱えてとなると大変を通り越して『危ない』ですよね。

どうしても一人で出かけるということは出てくるでしょうし、そのときは注意しないといけないなと強く感じました。

果たしてこんな様子で遠くへお出掛けできるのでしょうか。実は一ヶ月後、8月のお盆には妻実家へ訪問しに2~3時間電車を乗り継いで行かないといけないのです。

妻

抱っこ紐の方が楽じゃん?
リチャ

リチャ
いやいや、こっちの体力のことも考えてベビーカーと両方じゃね?

と妻と話し合いをしていますが、どうなることやら。。。

そのときはまたレポートしたいと思います。今回とはまた違った感想も出てくるはずなので。

まとめ

ベビーカー移動はバカにできません。本当にいろいろ気を張りながら移動しているんだなーと実感しました。

思っていたよりおもちゃっぽかったり、ベビーカーの扱いに困ったり、と実際にやってみないとわからないことも多々ありました。

今息子は生後3ヶ月ですが、もう少し大きくなってくるとベビーカーでのお出かけ頻度も増えるでしょうし、より大変なことが増えていくんじゃないかなーと妻と話していました。

唯一の救いはなんでも受け入れるうちの息子。誰かと会えば外面はすごく良いですし、ベビーカーでも抱っこ紐でもどこでも寝てくれます。

なので親側の負担というものはだいぶ少なくは感じています。外でギャン泣きしたこともないですし。

これからそういうことも増えてはくるでしょうが、ベビーカーマスターを目指して頑張っていきます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パパ育成もママの仕事?パパママが歩み寄るために伝えたい事

保育園について現役保育士の妻に聞いて絶望した話

子育ては苦手克服の連続!子供が好きなものなら興味を持つ努力をしたい

Twitter育児パパ垢は綺麗事ばかり?男の本音はどこにある?

「男性の育児情報発信でママ達が救われる!?」共感と承認欲求の大切さ

ワークライフバランスが問題視。家庭が大事!仕事なんてクソくらえ!