子供に読ませたいマンガ!漫画コレクターが選ぶ厳選10作品!

こんにちわ、リチャ(@papa_ritya)です。

いきなりですが、僕の夢は自分の部屋を持ち、壁一面を漫画で埋め尽くすことです。

引っ越しや結婚などで何百冊と漫画は売ってしまいましたが、それでも現在も増え続け1,000冊以上所持している漫画コレクターです。

僕は少年・少女・青年漫画とどんなジャンルの漫画でも読みます(ただし、グロい系は除く)。

そんな僕が『子供が大きくなったらどんな漫画を読ませたいだろう』と考え今回10作品の漫画をリストアップしてみました!

子供だからと言って考えすぎずに選んでみたので、少しずれている部分もあるかもしれませんが、親世代の皆さんが読んでも絶対おもしろいものをチョイスしましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

対象年齢としては小学生以上を想定しています。個人によるオススメなので、あしからず。

子供にオススメ漫画10選

女でも試合に出たい!『さよならフットボール』

あまり有名ではないですが、気持ちが引き込まれる良い作品。全2巻です。

女の子のサッカー選手が主人公。男子に混じってサッカー部に所属するものの、女子だからと言って試合に出してもらえない、男子にパワーで対応されると全然勝てない。。。

そんな状況をもろともせずに、サッカーに全力で立ち向かう女子のストーリー。

アニメ化もされた『四月は君の嘘』の作者である新川 直司(あらかわなおし)さんの作品です。

内容もさることながら、男子とか女子とか性別は関係ないんだぞ。ということを子供に知って欲しくて選びました。

『私はなんで女なの』

そんな女子の葛藤とちょっとした恋心を描いた作品です。

主人公の恩田希は新川さんの最新作で『さよなら私のクラマー』にも登場します。こちらは高校が舞台の純粋な女子サッカー漫画です。

パシリが挑むアメフトの世界『アイシールド21』

漫画では珍しいアメリカン・フットボールが題材です。全37巻。

ジャンプの王道中の王道と言っていい内容です。弱小アメフト部が全国制覇を目指す話で、強敵に立ち向かい勝って負けてを繰り返す中での主人公の成長・チームの成長を描いています。

主人公・小早川瀬那(せな)はパシリで鍛えた脚力を武器にアメフトの世界への扉を叩きます(叩かされます)。

才能を持たざるものはどうやって天才に立ち向かっていくのか・・・才能を持たざるものの葛藤と『勝つためならやれることはなんでもやる』という泥臭さを知ることができます。

子供には才能がないからといって諦めずに、やれること全てやってからにしろ。諦めるのはそれからでも遅くない。と気づいて欲しいです。

難しいアメフトのルールも漫画内でうまく説明しながらストーリーが進みます。僕はアイシールド21でアメフトのルールを覚え、実際にアメフトをTVで観戦するようになりました!

「アメフトっておもしろそうだけど、ルールが・・・」という大人にもオススメな1冊ですよ!

『 一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうと努める、 並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い、そして敗者はいつまでも グラウンドに横たわったままである。』

作中に出てくるこの言葉が僕は一番心に響きました。

タイムスリップ歴史ファンタジー『天は赤い河のほとり』

全28巻で1995年~連載の作品です。

歴史ファンタジーと言えばいいのかな?現代の女子中学生がひょんなことから紀元前の古代オリエントにタイムスリップしてしまう。

そこで繰り広げられる覇権争いと皇子との恋愛模様が描かれています。

主人公ユーリは活発で運動神経抜群。恋相手の皇子はイケメンで性格も良く、さらにはユーリ一筋という完璧人間。

その他脇役のキャラも濃いので、28巻と長いですがあっという間に読んでしまう作品です。

バトル×魔法×ラブコメ『エム×ゼロ』

バトル×魔法×ラブコメ

魔法学校に間違って入学してしまった一切魔法が使えない主人公が突出した身体能力と頭を使い、魔法を使う他の生徒と魔法バトルを行います。

そして、ちょっとエッチなシーンもありのラブコメという側面もあります。

この『バトルとラブコメ』のバランスが素晴らしい作品となっています。設定も絶妙で他にありそうでなかった漫画となっています。

全10巻の作品ですが、最後は残念ながら打ち切りになってしまったので最後の方が少し残念ではありますが、それでも薦めたい作品です!

バスケ漫画と言えば!『SLAM DUNK』

これは外せませんよね。僕の世代(1987年生まれ)にはバイブルみたいなものです。全31巻。

もう説明いりませんよね?・・・一応簡単にしておきますか(笑)

ヤンキー主人公・桜木花道が率いる(率いてはいないが笑)弱小バスケ部が全国制覇を目指すサクセスストーリー。

最終巻の『一話丸ごとセリフなし』はあまりにも有名。絵だけであれほどの表現ができるのは井上雄彦さん以外いないと言っても過言ではありません!

一人一人のキャラが立っていて、ライバル校の選手でもかなり人気があったりして本当に飽きずに何度も読める漫画です。

SLAM DUNKを読んでバスケ部に入部した人も多いのでは?

絵が動くダンス漫画!『ボールルームへようこそ』

競技ダンス漫画という珍しいスポーツを描いた漫画。現在9巻まで発刊されており、連載中の作品です。

みなさん、突然ですが『絵が動く漫画』を読んだことはありますか?

もちろん本当に絵が動くギミックが入っている・・・なんてことはありませんが、この『ボールルームへようこそ』は本当に漫画の中のキャラが踊っているように見える作品です!

それほど作者である竹内友さんの画力が凄く、ダンスの世界に引き込まれます。

一度読んだら抜けられないのがこの漫画!個人的に今連載中の漫画でNo.1です!アニメ化もされ、今乗りに乗っています。

内容としてはダンス初心者でヘタレな主人公が、ひょんなことから有名選手の教え子となり、トップ選手達と張り合う姿が描かれています。

内容は王道なので子供でも読みやすいと思います。ダンスに興味が持てれば!笑

少年漫画ですが、女の子の方が興味持つかも?作者の竹内さんも女性なので、絵柄も女性っぽい感じですよ。

純粋な女子の恋愛漫画『天使なんかじゃない』

高校生の恋愛を描いた漫画で、NANAで有名な矢沢あいさんの初期の作品です。高校の生徒会を中心に繰り広げられる恋愛、友情漫画です。

天真爛漫な主人公、ヤンキー上がりの会長、クールなお嬢様、長髪イケメン男子とバラエティの飛んだメンバーの恋模様が描かれています。

THE・少女漫画と言っていいでしょう。1991年の作品ですが、今読んでも十分おもしろいですよ。全8巻(完全版4巻)で短く手が出しやすいです。

キュンキュンする少女漫画を読みたいという人にオススメな作品です。

ジブリ映画と言えばこれ『風の谷のナウシカ』

ジブリの有名な作品ですね。あまり知られていませんが、実は漫画が原作なのです。しかも映画は全7巻のうち2巻分くらいで、そこから先が本番と言って過言ではありません。

漫画バージョンは、正直大人の僕でも理解が難しいところが多く、全7巻とはいえ1つ1つが大ボリュームで1巻読むだけでも重労働です。

しかし、読むたびに新たな発見があったり、1982年から連載された漫画であるにも関わらず、未だにネット上では様々な憶測が飛び交っている状況です。

大人でも難しいこの漫画ですが、子供のうちに読んでおくと大人になったときに「あ!これってこういうことだったのか!」という気づきにも繋がるのかなと。

全く勝てないバスケ漫画『あひるの空』

SLAM DUNKと被ってしまいましたが、バスケ漫画です。しかし、全くの別物と考えて下さい。現在47巻まで発刊しており、連載中です。

SLAM DUNKはバスケで勝つことが描かれており、あひるの空はどちらかというと人間描写がメイン。

弱小高校がいきなり全国制覇・・・なんて少年漫画にありがちな展開ではありません。むしろ逆。全く勝てない。ヤンキー高校なので部活動停止になったり、、、

部活で勝てる人・チームなんてほんの一部です。そんなリアルを追求した作品です。

それでも諦めずに上を目指すストーリーです。

ちなみにスポーツ漫画なのに途中で結果がわかり、そこへ向かってストーリーが進むという斬新なもの。『あひるの空』にとって勝負の勝ち負けが重要な要素ではないのです。

それに至る過程、内容、心情が核となる、通常のスポーツ漫画とは一線を画したものとなっています。

ファンタジーバトル漫画『青の祓魔師』

ここまでスポーツ漫画ばかりだったので、最後に純粋なバトル漫画を。

主人公・奥村燐(りん)は悪魔の王であるサタンの血を継ぐ人間。サタンは悪魔の世界へ燐を連れて行こうとしますが、それを拒否。

「サタンをぶん殴る」ために、逆に悪魔と闘う祓魔師(エクソシスト)として生きることを決意しました。

バトルだけではなく、サタンの子であるにも関わらず、人間側についた燐の葛藤と周りの祓魔師との友情も見逃せない作品となっています。

最後に

今回は厳選して10作品ご紹介しましたが、そのうち5作品がスポーツ漫画となってしまいました。

しかも、ヘタレ主人公がそのスポーツの世界では活躍するというものが多い。そういう漫画が好きなんですかね(笑)

今回はナウシカを除いて少年・少女漫画で構成してみました。小学生くらいの時は内容が入り組んだ青年漫画は読んでもつまらないでしょうからね。

「漫画はダメ」という親御さんもいらっしゃいますが、僕は漫画から学ぶことは多いと思います。できれば小さいころから漫画に触れさせたい。

うちの息子に読ませるのはまだまだ先になりますが、それまでに「これ読ませよう。あれ読ませよう」とストックをさらに作りたいなと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『しまうまプリント』で子供の写真をプリントしてみた!アプリでラクラク注文!

「パパと子どものあそび」で生後5~8ヶ月の遊びを実際にやってみた

子供用銀行印はどこで作る?印鑑もネット注文の時代です

子供を撮るならやっぱり一眼レフ!僕的一眼レフ活躍シーン

ベルメゾンのモニターに当選!「裏シャギーロングパンツ」を息子に履いてもらった

「子ども安全メール」を知っていますか?我が子を事故から守る第一歩!