数千冊の漫画を読んだ男がオススメするちょっとマイナー漫画15選

今回はマンガ大好きな僕が今まで読んで面白かったマイナー漫画をご紹介します。

誰も知らないマイナー漫画を読んでいると少し優越感湧きませんか?

なので、「名前は聞いたことある。ちょっと気になってた」みたいな漫画を紹介していきます。

紹介する漫画の中にはアニメ化もされた作品もあるので基準はガバガバです(笑)

あくまで、「ONE PIECEのような、誰もが知っている超有名作品ではない」と思って下さい。

以前、反響のあったツイートの連動企画となります。

今回は厳選して15作品紹介したいと思います。内容で被るものは避け、できるだけ手が出やすい巻数のものに絞りました!

それではスタート!

子育て、恋人、夫婦、家族

僕のブログは夫婦・育児がメインなのでまずは関連する漫画をご紹介。

ゆるふわ系から重い恋愛まで取り揃えました。

1.喰う寝るふたり住むふたり(全5巻)

どこにでも居そうな同棲8年の恋人同士の話。

お互いのモヤモヤだったり、喧嘩だったりをメインに話は進んでいきます。本当にただの日常。

『喰う寝る』が面白い点は、それぞれの話が男女両側視点から見られるのです。

要は2話で真の意味で一つの話になります。男女両視点で見るとこでよくある男女のすれ違いが描かれ、「実はこのとき裏ではこう動いていた」ということがわかります。

誕生日の話、結婚の話、夜の生活の話・・・

恋人同士、もうすぐ結婚したい、結婚して子供もいて・・・と立場によって感想も変わってくるような漫画です。

子供も生まれたし、もう一回読み直そうかな。

2.ソダテコ・ニャントコ(3巻~連載中)

うさぎドロップで有名な宇仁田ゆみさんが自身のお子さんを描いた子育てエッセイ漫画。

2016年4月からタイトルがソダテコからニャントコに変わりました。理由は語られていません。途中でお子さん+ネコの話になったからなのかな?

内容としては大きな抑揚もなく、淡々と日常が過ぎていきます。

子供がいたらありそう〜〜という場面が多数。あとは家族で仲が良いんだろうなーと感じられるほのぼのとした漫画です。

僕は子供が生まれる前から好きで読んでます。

実は、ニャントコはすくすくパラダイスというサイトで最新の数話が無料で読めますので、気になった方は読んでみて下さい。

以下のリンクからすくすくパラダイスへ行けます。

同じく宇仁田さんの作品で『よっけ家族』もオススメです。

三重県のある大家族を描いた作品です。こちらもほのぼのですが、エッセイではなく普通の漫画。

タイトルの「よっけ」は三重の方言で「たくさん」という意味です。

僕も三重出身ですが、「よっけ」は使いません(笑)「よおけ」って言いますね。

3.ヤサシイワタシ(全2巻)

ある大学に通う主人公の男と、少し変わった主人公の先輩女子との恋愛の話。

作者は『おおきく振りかぶって』で有名なひぐちアサさんです。

一言で言えば重い。本当に重い。

でも傷付くと分かっていてもしてしまう恋愛は若い時しか出来ないかもしれません。

そんな大学生の話です。大学のサークル内で起こる話・・・あー現実でもありそうだなぁって内容です。これ以上は秘密(笑)

内容は重いですが全2巻なので手が出やすいのではないでしょうか。

4.式の前日(全1巻)

6作品の短編集となります。

なんと言ってもこの短編集のタイトルになっている「式の前日」が面白い。

ある男女の「式の前日」を描いているのですが、「あーそういうオチかー!」って感じ!

作者の穂積さんはこれがデビュー作ですが、それを感じさせない構成と画力。そして、涙腺を攻めてくる感じの絶妙な感情の描き方がうますぎる。

いやいや、一作品はヒット出してるでしょ?って思わせるくらいの内容ですよ!

スポーツ

熱い青春マンガならやっぱりスポーツ!

個人的には一番持っているマンガのジャンルかもしれません。

5.ボールルームへようこそ(9巻~連載中)

アニメ化もされており、今話題の『ダンス』をテーマにした漫画です。

『社交ダンス(競技ダンス)』というマイナー競技の熱血スポ根系。このギャップがうまくマッチしています。

作中にダンス用語はバンバン出てきますが、ダンスというマイナー競技の性質上、技名とか言われても全く理解も想像もできません(笑)

それでも楽しめる。読んでいると絵であるはずのキャラが動いているような。そんな錯覚が味わえます。

そして、キャラがそれぞれ魅力的。なんなら主人公が一番地味です(笑)が、ダンスが始まるとカッコよく見える不思議さ。ふてぶてしさも見え隠れする程人が変わり、常にワクワクして読むことができます。

「絵が動く漫画。みなさん読みたくありませんか?」

現在、Amazonプライムビデオでアニメを見ることができます。

6.さよならフットボール(全2巻)

技術は一級品なのに女子というだけで公式戦に出して貰えない中学生女子サッカー選手の話。

主人公・恩田希は男子との体格の差、体力の差などを感じながらも人と出会い、自らの目標に向かってあの手この手を使って公式戦デビューを果たします。

なぜ私は女に生まれたのだろう。という葛藤とちょっとした恋心。女だからとか関係ない!

ちなみに、主人公の恩田希は作者新川直司さんの最新作『さよなら私のクラマー』にも登場します。

7.サマーソルトターン(全5巻)

早熟過ぎて小学生がピークだった天才水泳少年と、主人公を取り巻くライバルと恋模様の水泳恋愛漫画。

スポーツ漫画にカテゴライズしたものの、心理描写や人間関係の要素の方が強めかな?

主人公は小学生からタイムが一切伸びない高校生スイマー・水野。と、その主人公の背中を追いかけ続ける素材は抜群のライバル。主人公の幼馴染と同じく水泳部の天真爛漫女子・鮎川。

この鮎川ちゃんの行動が、主人公・水野の心と身体を動かしていくのです。

小5から止まっていた時間が今動き出す・・・

スポーツと恋愛。切っても切り離せない王道の漫画です!

ゲーム、漫画

「ゲーム・マンガ」というのは漫画にしにくいテーマかもしれません。

その中でも個人的に好きな二作品を紹介します。

8.東京トイボックス(全2巻)、大東京トイボックス(全10巻)

珍しい『ゲーム作成会社側』のマンガ。『東京トイボックス』が一作目、続編が『大東京トイボックス』です。

個人的には東京トイボックスが序章で、大東京トイボックスが本編という印象を持ちました。

弱小ゲーム会社「スタジオG3」が大手ゲーム会社「ソリダスワークス」に挑む?ような形でストーリーは進みます。

納期、品質、バグチェック・・・様々なゲーム業界のリアルが描かれています。

納期最優先、人の気持ちは無視、そのまま会社で寝泊まりなどなど。プログラマーをしている僕としては「あるある~」と思うことがたくさん!

最後の方はとんでも展開ですが(笑)

「倒れるまで働いてもそこには信念が・・・!」

余談ですが、作者のうめさんはペンネームで、ご夫婦で漫画家(原作と作画)をされています。

僕は絵が好みです。

9.有害都市(全2巻)

名前から毒ガス等を連想しそうですが、そんなことはなく漫画家のお話。漫画の表現が規制されすぎていて有害なんじゃ・・・というストーリー。

実際に作者の漫画が有害図書認定を受けた経験から、漫画家の苦悩を描いています。

「漫画家が表現の自由を求めた先に何があるのか・・・」

作者は『予告犯』の筒井哲也さん。

この方の作品は一言でエグい。だからこそ引き込まれる・・・!そんな魅力があります。

SF、ファンタジー

10.絶園のテンペスト(全10巻)

少女の死を解明する『推理』、そして物語の核となる『魔法』。この二つが織り成すファンタジー推理漫画。

ある一人の少女の死を中心に進む物語です。主人公はその少女の彼氏、と兄(義理の兄)。この二人とある最強の魔法使いによって物語は進んでいきます。

少女の死の謎を追求することは、同時に世界を救う戦いへ・・・

個人的に絵が好みで本屋でジャケ買いしました。先ほど紹介した「ボールルームへようこそ」の前にハマっていた漫画がこの「絶園のテンペスト」です。

ある日、魔法使いの姫君が樽に詰められ島流しにされた。
ある日、一人の少女が唐突に殺され、犯人が捕まらず時が過ぎた。
そしてある日、復讐と魔法をめぐる、時間と空間を超えた戦いが始まった!

出典:絶園のテンペスト 1巻

ちなみに、絶園のテンペストは『マンガUP!』というアプリで無料で読むことができます。絶園のテンペストが気になった方はぜひアプリで読んでみて下さい!

 

マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

 

マンガUP!については簡単に以下の記事でまとめています。

11.マージナル・オペレーション(9巻~連載中)

戦争漫画。日本人指揮官と戦地へ向かう子供達の話。

文字にするとあまりいい印象ではありませんが、感情なく戦争していた子供達が日常を取り戻す話でもあります。

ただ、メインは戦争なのでエグい表現・描写は少なからずあります。そういう表現が苦手な方は敬遠された方が懸命かもしれません。

好き嫌いはパッキリ別れると思います。原作は小説なので、話の流れはしっかりしていますよ。

12.ほしのこえ(全1巻)

『君の名は』で超有名監督となった新海誠監督の初の劇場公開短編アニメーション、それの漫画版となります。一巻完結。

宇宙に行った彼女と地球に残った彼氏。そんな二人の決して会えない恋の物語。

宇宙の果てと地球の恋はお互い時間の流れが異なり、彼氏だけが歳をとっていきます。「ウラシマ効果」ってやつですね。

最後はどうなったのか!?それは漫画を読んでみて下さい。

最後まで読むとわかりますが、「えっ?」って終わり方をします。ですが、これが新海誠作品です(笑)僕はそんな新海誠さんの10年来のファンです。

アニメも面白いです。というかアニメが原作ですからね。

気になる方はU-NEXTで観ることができます。他の新海作品ももちろんラインナップされていますよ。

無料期間もあるので、気になる方はぜひ。

13.プラネテス(全4巻)

宇宙のゴミ拾い屋さんの話。恋愛、夢、社会問題、人の心の闇・・・これらをたった4巻で表現する素晴らしさ。

自分の宇宙船を持つことを夢みている主人公。夢を叶えるためにコツコツと努力をするが果たして・・・

リアルな人の葛藤を描いた作品です。

途中で何の説明もなく主人公が金髪から黒髪になりますが、それも含めてご愛嬌(笑)

何か漫画が読みたいんです。という人にとりあえずオススメしたい一冊。

バトル系

14.PSYREN -サイレン-(全16巻)

週刊少年ジャンプの作品はどうなの?と思いましたが、そこまで有名ではないだろうということで入れました。

異能力者SFバトル漫画と言ったら良いでしょうか。

ひょんなことから主人公の夜科アゲハが世界を救うことになる話。

物語序盤はバトルと平行して謎も多く、主人公達は「自分達は何のために闘い、誰がこのバトルを仕組んだのか」わからぬまま闘っていきます。

物語中盤までは、主人公達の成長と謎解き要素があり惹き込まれますが、終盤は駆け足で進んでいきます。

噂では打ち切りとなってしまい、予定よりはやく完結へ進んでしまったようです。残念・・・

打ち切りを考慮しても面白い漫画。逆に「最終章くらいはもっと丁寧に描かせてあげて欲しかった」と思いましたが、漫画は「ちょっと物足りない」くらいがちょうどいいのかもしれません。

ちなみに、敵がちょっと気持ち悪い系(特に序盤)なので苦手な人は苦手かもしれません。ご注意下さい。

15.ドリフターズ(5巻~連載中)

歴史上の偉人たちが漂流者(ドリフターズ)と廃棄物(エンズ)に分かれ、互いに戦う話。

登場する歴史上の人物は古今東西、時代もごちゃ混ぜ。

古代ギリシャ〜第二次世界大戦まで。刀、銃、マシンガン、戦闘機なんでもあり!

しかも、廃棄物と呼ばれるもの達は妖術を使います。炎や吹雪を出したり、どれだけ矢を打ち込まれても倒れなかったり。

そのぶっ飛び感がクセになります。

主人公は島津豊久。戦国時代のサムライです。「俺は突っ走る事しか知らん!」というほど一人で突っ走る。

さらには、織田信長、ハンニバル、安倍晴明、ジャンヌダルク、ヒトラーなどなど。歴史が好きな方は必ずハマるでしょう。

欠点は単行本が年に一回出るか出ないかほど遅いので内容を忘れてしまうこと(笑)

また、首も普通にぶっ飛ぶので、そういう描写が苦手な方は回避して下さい。

まとめ

いかがでしたか?今回紹介した漫画は家の本棚を漁りまくって探しました(笑)

その中でも僕が何度も読み返している漫画を紹介しました。10回でも20回でも読み返したくなる漫画が本当におもしろい作品だと僕は思っています。

「お、読んでみたいな」と思える漫画が一作品でもあれば嬉しいです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『マンガUP!』スマホアプリでスクエニ漫画を無料で読んでみた感想