新年と言えば「年賀状」

リチャ
今年も年賀状の季節か〜めんどくさ〜〜〜

いまどきは年賀状を送らない選択肢も増えてはいますが、一切やらないという決心もまた難しいですよね。

結婚してからは会社関係や親戚に送らねばならず、意外とお金もかかります。

リチャ
年賀状出すなら息子の写真を使いたいけど、お金はかけたくない。

年賀状はめんどうだけど、せっかくならカワイイ息子の写真を載せた年賀状を作りたいなと思い、写真を使って年賀状を印刷する場合の料金を比較してみました。

年賀状を出す3つの方法
  • 自宅プリンタで作成
  • ネット注文
  • 写真スタジオで作成
スポンサーリンク

子供の写真を年賀状にする3つの方法

今回紹介したい年賀状をつくる方法は3つです。

  • 自宅のプリンタで作成
  • ネット注文(しまうま年賀状)
  • 写真スタジオで作成(スタジオアリス)

いきなりですが、この3パターンでのざっくり費用を見せちゃいます!

これらを安いと思うか高いと思うかはあなた次第!

それぞれについて解説していきます。

自宅のプリンタで”安く”年賀状作成

リチャ
自宅プリンタ購入でオトクに年賀状作成!

一番安く年賀状を作るなら、「自宅プリンタ」が一番です。我が家はこれを採用しています。

年賀状一枚当たり「ハガキ代62円+インク代3.7円」で作ることができます。(2019年分から年賀はがきが62円に値上がりします)

インク代はプリンターによって変わるので参考程度にして下さい。

枚数プリンターでの印刷代
30枚1,971円
50枚3,285円
100枚6,570円

この他に初期費用としてプリンターの購入代がかかりますが、トータルでみれば一番安くなります。

うちはbrother(ブラザー)の「DCP-J572N」を年賀状用に購入しました。

印刷、年賀状、コピー、スキャナと多機能なのに1万円で買うことのできる優れものです。コスパがかなりいいプリンターだと思います。

新モデルの「DCP-J577N」も発売されているので、こちらも要チェックです。

ちなみに自宅印刷の場合、「手間がかかっても安さをとるかどうか」という選択になってきます。

  • 年賀はがきを買いに行く手間
  • 自分で印刷する手間
  • ポストへ投函する手間

これらの手間を考えて30枚1,971円が高いのか安いのか。これは人によるとしか言えません。

この後紹介する”しまうま年賀状”と比較すると、毎年30枚の印刷だったとしても2〜3年でプリンタ代の元が取れます。

しまうま年賀状での注文はラクですが、自宅にプリンターがあるのも便利なので僕は自分で印刷する方法を選びました。

リチャ
プリンタを買ったほうが長い目で見てオトク!!

自分で印刷する場合、年賀状のデザインもめんどくさいのですが、僕は郵便局公式アプリ「はがきデザインキット」で作成しています。

デザインも豊富で写真を当てはめるだけで年賀状ができてしまい、宛名も登録できるので一度登録してしまえば来年以降も使えます。スマホから直接プリンタへ印刷指示ができるのも魅力です。

はがきデザインキット2019 年賀状をかんたん印刷

はがきデザインキット2019 年賀状をかんたん印刷

Japan Post Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

自宅印刷まとめ
  • 料金が安い
  • プリンタの購入が必要
  • 手間が多い

住所がわからなくてもネットの友達に年賀状を送る方法

なんと住所がわからない友達に、住所を聞くことなく年賀状を送る方法が誕生しました!

ネットの友達に年賀状を送る方法

例えばTwitterなら相互フォロワーさんにメッセージを送ることができます。

郵便局の公式HPから年賀状の申し込みを行い、下記画像内の「Twitterの友達に送る」をクリックすれば、相互フォローをしているTwitterのフォロワーさんへ送ることができます。

年賀状をTwitterの友達に送る

詳しくは郵便局の公式HPをご覧ください。

>>>住所が分からなくても送れるサービス|ゆうびん.jp

スポンサーリンク

ネット注文(しまうま年賀状)で”ラクをする”

リチャ
割高でもラクしたいのならネット注文・ネット発送!

少しでもラクしたいのなら、ネット注文にしてみましょう。今回は僕オススメの”しまうま年賀状”を例に紹介します。

しまうま年賀状の料金体系は、「ハガキ代62円+プリント代30円」の枚数分+「基本使用料1,980円」となっています。

※11月19日までの注文でプリント代が58%オフ!なんと一枚13円で注文できます!

枚数しまうま年賀状しまうま年賀状
(プリント60%OFF)
30枚4,740円4,200円
50枚6,580円5,680円
100枚11,180円9,380円

しまうま年賀状の料金はサイトでカンタンにシミュレートできますので、ぜひ使ってみてください。

>>> しまうま年賀状 料金計算

自宅印刷との3,000~5,000円程の差になりますね。

毎年5,000円多く支払ってもラクしたいかどうか、が「しまうま年賀状」を使うときの決め手になるでしょう。5,000円でプロの印刷と考えれば普通に安いですよネット印刷。

リチャ
自分で作る手間を考えると、”しまうま年賀状”で頼んじゃいたい気持ちも・・・

しまうま年賀状で注文するなら、スマホで撮影した写真をそのまま注文できるスマホアプリが便利だと思います。

1/3まで注文可能なので、「予定外の人から年賀状が届いたけど、もう年賀状の在庫がないけど買いに行く時間もない!」という時にも使えるので便利なのかなと。

しまうま年賀状2019 スマホでカンタン 写真年賀状印刷

しまうま年賀状2019 スマホでカンタン 写真年賀状印刷

しまうまプリントシステム無料posted withアプリーチ

パソコンはこちら>>>【しまうまプリント】インターネットで年賀状プリント

以前、通常の写真プリントとして”しまうまプリント”を利用した際は5日で自宅に届きました。

年賀状でもそのくらいだと思いますが、12月に入ると注文が多い可能性もあるので余裕を持って注文した方がいいと思われます。

しまうま年賀状(ネット注文)まとめ
  • 料金はそこそこ安い
  • 手間がかからない
  • スマホから注文可能なのでラクチン
  • プリンタがない方向け

他にもネット注文ができる年賀状アプリはたくさんありますので、一部紹介します。

●つむぐ年賀

「つむぐ年賀」アプリ
  • 人物を自動で切り抜き、スタンプとして使える
  • 作成した年賀状は自宅プリンターで印刷OK
  • 1枚から注文できる

つむぐ年賀_人物自動切り抜きスタンプ

つむぐ年賀_自宅印刷OK

年賀状アプリ つむぐ年賀2019

年賀状アプリ つむぐ年賀2019

Saltworks.inc.無料posted withアプリーチ

●GLAM PRINT

「GLAM PRINT」アプリ
  • ポスト投函代行サービス(無料)
  • 割引の豊富さ、リピーターは基本料金無料
  • オシャレなテンプレート多数

年賀状2019 GLAM PRINT 年賀状アプリ

年賀状2019 GLAM PRINT 年賀状アプリ

PLAZA CREATE CO.,LTD.posted withアプリーチ

スタジオアリスで”かわいい子どもの年賀状”

リチャ
せっかく年賀状を作るなら、かわいい息子の写真で送りたい!

どうせ面倒ならとことんこだわるのも一つの手です。スタジオアリスなら、撮影〜名入れまですべて行ってくれます!

スタジオアリスで年賀状作成

スタジオアリスでの料金は「撮影料3,000円+プリント代910〜1,000円+ハガキ代62円+名入れ1,480円」です。

枚数スタジオアリススタジオアリス
(11/30まで)
30枚9,340円8,300円
50枚12,380円11,140円
100枚19,780円18,040円

安いか高いかで言えばご覧の通り高いですが、写真撮影&年賀状印刷までやってもらえてこの値段なら案外アリかも?という気もします。

毎年撮影してもらえば、子どもの成長記録としても残せて一石二鳥かもしれません。

また、11月30日までの注文で「名入れ代半額(740円引き)+枚数×10円引き」なので、申し込むなら今です!

撮影から年賀状の完成まで二週間程度かかるそうなので、早めに撮影することをオススメします。

>>>スタジオアリスの年賀状

リチャ
可愛い息子はプロが撮ったらさらに可愛さ爆発
スタジオアリス(写真スタジオ)まとめ
  • 料金が高い
  • プロに撮影してもらえる
  • 印刷の手間は省ける

実際に我が家がスタジオアリスで撮影した際のレポート記事もありますので、良ければ参考にしてみて下さい。

プロの撮影と自宅プリントの融合

プロに撮影してもらいつつ、自宅のプリントで印刷することもできます。

fotowa(フォトワ)」という出張撮影サービスがありますので、こちらで年賀状用の写真を撮影してもらいつつ、その写真を使って自分でプリントすればプロ撮影の年賀状の完成です。

fotowaなら「どこでも、どんなシーンでも、定額で」撮影してもらえますし、75枚以上のデータが確約されています。

せっかくならいろいろな写真をとってもらい、その中から自分の好きなように年賀状を作ってみるのはいかがですか?

>>>fotowa(フォトワ)

リチャ
fotowaでの撮影はめっちゃ楽しかったです!ぜひ一度体験してみてください。

まとめ:個々の要望に合わせて選ぼう

費用の安さだけで見れば断トツで自宅印刷がいいと思いますが、手間がかかるので一概にそれが良いとも言えません。

選ぶポイントとしてはこんな感じですね。

  • プリンタがある、手間をかけても安くしたい→「自宅で印刷」
  • プリンタは必要ない、ラクしたい→「ネット注文」
  • かわいい我が子を年賀状にしたい→「スタジオ撮影」

僕の場合は「自宅にプリンタが欲しかったので、自宅で印刷」を選び、手間をかけてでも安くすることにしました。

リチャ
みなさんは何を重視して年賀状を印刷したいですか?

『料金と手間』

これのバランスを考えて、自分が納得できる方法で年賀状印刷しましょう!

さーて、僕もかわいい息子の年賀状を準備しましょうかね!

スポンサーリンク
コメントを残す