「年賀状って面倒くさーーーい!」って思いませんか?

僕は年賀状嫌いです(笑)

この謎の文化に無駄なお金と時間をかけるなんて・・・と思い、独身時代は送って来られた人だけに返していました。

とはいえ、結婚してからはそうも言ってられませんし、なんなら今年は子どもも生まれました。

子どもが生まれた報告も兼ねて、うちのかわいい息子の写真で年賀状を作成しようと思っています。

せっかくなので、写真を使って年賀状を印刷する場合の料金比較をしてみました。

細かい料金もまとめてみたので、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

子供の写真を年賀状にする3つの方法

今回提案する年賀状作成の方法は3つです。

  • 自宅のプリンタで作成
  • ネット注文(しまうま年賀状)
  • 写真スタジオで作成(スタジオアリス)

いきなりですが、この3パターンでのざっくり費用を見せちゃいます!

これらを安いと思うか高いと思うかはあなた次第!

それぞれについて解説していきます。

自宅のプリンタで年賀状作成

まずは自宅プリンタで作成する場合です。我が家はこれを採用しています。

今回計算した料金は、年賀状一枚当たり「ハガキ代52円+インク代3.7円」です。

インク代は我が家のプリンターの場合で計算をしています。プリンターによって変わるので参考程度にして下さい。

もちろん、上記の料金にプラスでプリンタ代が初期費用としてかかります。うちで持っているのはbrother(ブラザー)の「DCP-J562N」というプリンターです。

印刷、年賀状、コピー、スキャナと多機能なのに一万円で買うことのできる優れものです。家電量販店のキャノンの販売員さんにオススメしてもらいました(笑)

自宅印刷は間違いなく安いですが、その分手間もかかります。

  • 年賀はがきを買いに行く手間
  • 自分で印刷する手間
  • ポストへ投函する手間

これらの手間を考えて30枚1,671円という値段が高いのか安いのか。これは人によるとしか言えません。

例えば、この後紹介する”しまうま年賀状”で毎年30枚注文したと仮定すると2~3年でプリンタ代の元は取れます。

僕は普段からパソコンで必要書類を印刷したり、コピーも使っているので「プリンタを買った方が長い目で見てオトクだな」と感じています。

最近は子どもの保育園申し込み資料の印刷などで大活躍しています!

リチャ
長い目で見ればプリンターで1万円は大いにアリ!

自分で年賀状印刷するのは手間かかりますが…。

ちなみに、年賀状のデザインは郵便局公式アプリで作成していますよ。

デザインも豊富で、宛名も登録できるので一度登録してしまえば来年以降も使えます。スマホから直接プリンタへ印刷指示ができるのも魅力です。

そのまま郵便局へ印刷の依頼もできますが、少し割高ですね。

はがきデザインキット2018 挨拶状、ポストカードを簡単印刷

はがきデザインキット2018 挨拶状、ポストカードを簡単印刷

Japan Post Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

自宅印刷まとめ
  • 料金が安い
  • プリンタの購入が必要
  • 手間が多い
スポンサーリンク

しまうま年賀状で年賀状のネット注文

最近増えてきましたよねネット注文。今回は「しまうま年賀状」を紹介します。

しまうま年賀状の料金体系は、
「ハガキ代52円+プリント代30円」の枚数分+「基本使用料1,980円」となっています。

11/5までに注文したらプリント代が60%OFFとなります!が、記事を書くのが遅くて間に合いませんでした!すみません!!!!

とはいえ、安いと思います(いや、ほんとに・・・)

しまうま年賀状の料金は公式サイトで枚数を入力するだけで簡単に計算できました。
>>> しまうま年賀状 料金計算

自宅印刷との3,000~5,000円程の差。自分で年賀はがきの購入や印刷の手間賃として5,000円払えるかどうかですね。

5,000円でプロの印刷と考えれば普通に安いですよネット印刷。

リチャ
自分で作る手間を考えると、”しまうま年賀状”で頼んじゃいたい気持ちも・・・

パソコンからもできますが、スマホで撮影した写真をそのまま注文できるスマホアプリが便利だと思います。

1/3まで注文可能なので、「予定外の人から年賀状が届いたけど、もう年賀状の在庫がないけど買いに行く時間もない!」という時にも使えるので便利なのかなと。

しまうま年賀状2018 スマホ写真で簡単注文

しまうま年賀状2018 スマホ写真で簡単注文

しまうまプリントシステム無料posted withアプリーチ

パソコンからの方はこちらから。
>>>【しまうまプリント】インターネットで年賀状プリント

以前、通常の写真プリントとして”しまうまプリント”を利用した際は5日で自宅に届きました。

年賀状でもそのくらいだと思いますが、12月に入ると注文が多い可能性もあるので余裕を持って注文した方がいいと思われます。

今回、プリント代として計算したのは一番安い“印刷仕上げ”です。”写真仕上げ”や”プレミアム仕上げ”など、より鮮明なプリント方法もありますが、もちろん料金はあがります。

年賀状にそこまでかけます?僕はもったいないと思う派です。

「うわ!この人の年賀状印刷荒い!」

なんて思わないと思うんですよ。だって年賀状なんて一回見たらタンスの奥ですもん(笑)

しまうま年賀状(ネット注文)まとめ
  • 料金はそこそこ安い
  • 手間がかからない
  • スマホから注文可能なのでラクチン
  • プリンタがない方向け

スタジオアリスで年賀状作成

写真スタジオで写真を撮影し、年賀状も作っちゃおう!という場合。今回は有名なスタジオアリスで計算してみました。

スタジオアリスでの料金は「撮影料3,240円+プリント代+ハガキ代+名入れ1,598円」

プリント代は10枚あたり910~1,000円です。これは注文枚数によって変わります。また、撮影料半額券もよく配っているのでもう少し安くなる可能性はあります。

安いか高いかで言えば、ご覧の通り高いです(笑)

例えばお子さんの「ハーフバースデーと一緒に」とか「七五三と一緒に」という形で撮影をすれば、プロに撮影してもらえて年賀状も出来るということで一石二鳥なのかもしれません。

撮影から年賀状の完成まで二週間程度かかるそうなので、こちらも早めに撮影すると良いでしょう。
>>>スタジオアリス

「せっかくだから割高だけどスタジオで」という選択肢もアリだと思います。

リチャ
可愛い息子は、プロが撮ったらさらに可愛さ爆発
スタジオアリス(写真スタジオ)まとめ
  • 料金が高い
  • プロに撮影してもらえる
  • 印刷の手間は省ける

実際に我が家がスタジオアリスで撮影した際のレポート記事もありますので、良ければ参考にしてみて下さい。

まとめ:個々の要望に合わせて選ぼう

費用の安さだけで見れば断トツで自宅印刷がいいと思います。ただ、手間がかかるので一概にそれが良いとも言えません。

選ぶポイントとしてはこんな感じですね。

  • プリンタがある(買う予定がある)→自宅で印刷
  • プリンタは必要ない→ネット注文
  • かわいい我が子を撮ってほしい→スタジオ撮影

僕の場合は「自宅にプリンタが欲しかったので、自宅で印刷」を選びました。

とはいえ、毎年年賀状の印刷は正直面倒なので、「安いから」という理由だけで選ばない方がいいです。

『料金と手間』

これのバランスを考えて、自分が納得できる方法で年賀状印刷しましょう!

さーて、僕もかわいい息子の年賀状を準備しましょうかね!

スポンサーリンク
コメントを残す