ついに、我が家はアキュラホームと契約しました。

ここまで、凄く長い道のりだったように思えます。

アキュラホーム  or  ミサワホーム

この二社で悩み、決め兼ねていました。

そんな時、相談をしたのが前回の記事の記事にも書いた

『住宅検査会社(ホームインスペクション)』

です。

相談した会社

今回は、僕が実際に相談して返答を頂いた内容をQ&A形式で紹介していきます。

  • アキュラホーム
  • ミサワホーム
  • 注文住宅
  • 住宅検査会社

主に、この4つの事について質問をしてみました。(質問は一部前回の内容も含んでおります)

スポンサーリンク

アキュラホームについて

アキュラホームは大工が下手と聞いたがどう?
本当。大工によって施工のバラつきがある。 でも、正直どこのハウスメーカーもそんな感じ。

マジっすか。

どこもそんな感じって夢も何もないな。

じゃあアキュラホームはだめ?
そんなことはない。最初から「私たちはちゃんとチェックしますよ」と伝えて、警戒させる。 そうすれば向こうも身構える。

工期的に急いでいないのなら、良い現場監督さん、良い大工さんを回して貰うのも手

警戒させているので、良い大工さんを回して貰える確率が上がる。

きちんと議事録をとって、サインをしてもらって下さい。逃げられないように(回避されないように)しておくべき。

↓↓↓

と言われたので、「良い大工さんを~」とお願いしたのですが、華麗にスルーされてしまいました。

うまく逃げられたのか……

アキュラは気密性・断熱性・防音性がダメと聞きますが・・・
アキュラは気密・断熱・防音に対して意識が低い。というか気付いていない。 HPでは高気密・高断熱を謳っているが、全然ダメ。

気密の単位と言われる「C値」は5.0㎠/㎡で高気密と言われているが、そんなのはスカスカ。

高気密に力を入れている一条工務店だと1.0㎠/㎡を切ってくる。

最低でも2.0㎠/㎡は切りたいかなとのことでした。

アキュラは2012年に施工違反があったので心配です
きちんと検査すれば大丈夫。アキュラさんは伝えれば必ず対応はしてくれます。

きちんと検査をして、ダメなところは伝える。アキュラさんは家が建ってからでもきちんと直してくれますよ。

ゴネたり、逃げたり、弁護士入れたりはしない。過去別の大手ハウスメーカーでそういうことをやられたことがある。

アキュラさんはそこは誠実。施工違反を摘発したときも、社長自ら持ち主さんへ謝罪にきたそうです。

きちんと対応してくれるというのはポイント高いですね。

っていうか、ゴネたり逃げたりするって何……怖すぎるんだが……

施工違反の記事はこちら

>>弊社が建築した「準耐火建築物」の一部の施工における、認定適合への是正対応について - アキュラホーム

ミサワホームについて

ミサワホームってどうですか?
良くも悪くも大工の技量が関係ない。パネル工法を売りにしているが、工法自体は古い。

基礎が布基礎で、防湿シートを貼るだけなので家自体がジメジメしがち

防湿シートはあまり効果なし。

とのこと。

ミサワホームって初期の無償保証が35年なんですけど、どう思われますか?
法律的にもそれは長い気がする。どこかで一回有償メンテが入る気がする。

これは結局謎でした。

ミサワホームの方に確認しても、「うちは保証35年です。大丈夫です。」と言われたんですけどね。。。

30年だったのかなー

スポンサーリンク

注文住宅について

ハウスメーカーを決めるポイントは?
価格

将来的にメンテナンスが必ず必要だが、家の購入費用と同じ割合でメンテナンス費用も掛かってくると思っておいたほうがいい。

メンテナンス費用
(例)建物費の5%がメンテ費用だとすると
アキュラの家が2,000万だった場合、メンテ費用→100万
ミサワの家が3,000万だった場合、メンテ費用150万(アキュラの1.5倍)

余談ですが、新築一軒家は今後必ず減っていく。

どのハウスメーカーもメンテナンス費用でお金を稼ぐスタイルに変わっていっているそうです。

大手ハウスメーカーはメンテナンスや保証がしっかりしているイメージ
先ほども言ったように、メンテ費用は大手の方が高い。

点検自体はリフォーム会社等でもしてもらえるので、そちらを使うのもアリ。

大手ハウスメーカーと中堅ハウスメーカーなら大手の方が安心と言う人も多いがどうでしょうか。
メンテナンス費用のこともあるし、価格の高い大手に行く必要はないのかなーと思う。

きちんと検査さえしていれば中堅で何の問題もない。

ただし、「鉄骨構造」「高気密」など強いこだわりがある場合は大手になると思う。

具体的にどうすれば欠陥住宅にならないですか?
希望する仕様がきちんと図面に反映されているか確認。そして、それを実現する能力が会社にあるかの確認。 後はホームインスペクションに依頼するのが一番いい。

家の建築が着工したら、現場に顔を出すことも重要なようです。

人のやることですからね。印象は大事です。

高気密・高断熱って実際どうですか?
ハウスメーカーや大工さんでも理解していない人も多い。 そういうときこそ我々(住宅検査会社)を利用してもらえればと思う。

自分たちではわからないので、きちんと依頼するしかないですね。

ZEHってどうですか?対応しておくべきですか?
一言では難しい。

今後の事を考えて家の断熱性能(サッシ、断熱材など)は最低でもZEH仕様にしておくと良いとは思う。

でも、将来を考えてZEHの基準よりもっとレベルを高く持った方がいいかもしれない。

太陽光って本当にお得ですか?
これはエネルギーの専門家でも意見が分かれる。

メンテナンス費用も必ず必要。設置5年後には太陽光のパネル発電率が80%になったりもする。

初期費用も高いので、「絶対にお得」と言うわけではない。

エコキュートはどうですか?
絶対にやったほうがいいというわけではない。

オール電化にするならエコキュート一択。

エコキュート代(設置費用込みで60万程度が相場)を割引サービス等してもらえるのなら、入れたほうがお得。

エネファームはどうですか?
エコキュートと同じ。

絶対に入れた方がいいとは言えないが、割引してもらえるのなら入れたらお得。

エネファームは補助金を考えても100万前後するので、結構厳しいです。

太陽光、エコキュート、エネファームはまとめてどうでしょうか
これらを利用する場合はZEH(高気密・高断熱)ありき。まずはZEH仕様について考えるべき。

ZEHに仕様にして、それからそれぞれを考えるべきのようです。

どれも単体では効力が発揮しにくいみたいですね。

住宅検査会社(ホームインスペクション)について

住宅検査会社(ホームインスペクション)を選ぶポイントはありますか?
正直これもピンキリ

アルバイトとかもいるので、担当の人によっては検査が甘い場合もあるし、会社全体として検査が甘い会社もある。

どことは言えないが、料金がべらぼうに高い会社もある。

弊社(住宅検査 カノム)は全員資格持ちでやっています。

とのこと。

ハウスメーカーに「住宅検査会社に検査をお願いする予定」と伝えていいものか
いいと思う。むしろ、ハウスメーカーとしても嬉しいと思う。 お客さんのお金できちっとしたものが建てられるわけなので。後々のトラブルを避けるという意味でも歓迎されるはず。

なるほど。客のお金でトラブル回避できるなら、メーカー側もラッキーですね(笑)

まとめ

前回記事でも書きましたが、この住宅検査会社へ相談したことが『アキュラホーム』と契約する決め手となりました。

電話相談で8,000円かかりましたが、これだけの情報を教えて貰えたので、個人的には満足の出費でした。

家の建てるのって知らないことだらけで不安です。

そんなときは、一度住宅検査会社へ相談してみると良いかもしれません。

まずは資料請求
家を建てるには、まず資料請求!
タウンライフの一括見積もりなら、希望のエリア・間取り・資金計画について入力すれば、計画書が無料で貰えます。
気になるメーカーに一括請求できるので、わざわざ展示場へ行く必要もありません。
家に悩んでいる方は、是非一度お試し下さい。
スポンサーリンク
コメントを残す

Twitterでフォローしよう