ベルメゾンのほけんはっけん(保険相談)で住宅購入相談をしてみた~その1~

結婚して、子供が生まれて今後の保険どうしよう・・・

と悩む人は多いと思います。

そこで、我が家ではベルメゾンの会員向けの保険相談窓口である“ほけんはっけん”を利用してみました。

今回は第一回目の相談内容についてまとめます。

相談二回目から本格的に始まるので二回目以降も合わせてベルメゾンの相談は利用価値があるのかどうかを判断しお伝えしていきます。

相談二回目はこちら
ベルメゾンのほけんはっけん(保険相談)で住宅購入相談をしてみた~その2~

ベルメゾンの保険相談を利用することになった経緯

実はベルメゾンの“ほけんはっけん”を利用することになったのはたまたまなんです。

ベルメゾン保険相談窓口

妻の元へベルメゾンから電話がありました。

「保険相談いかがでしょうか?何度相談されても無料なので!」

この無料という言葉に弱い我々夫婦。保険に限らず、無料で手間かからないんならとりあえずやっとけば?的なスタンスな夫婦なんです。

じゃあということでお願いすることになりました。妻が言うには、電話対応の方も丁寧でよかったことも要因の一つです。

ベルメゾンで保険相談があることを知らなかったんですが、予約をしてからネットで調べてみたら、結構評判悪いんですね・・・

「しつこい!」とか「そんなつもりでベルメゾンに入ったわけではない!」という意見を結構見つけました。

確かに我が家も元々は子供用品や友人への出産祝いでベルメゾンを利用していました。少し高いので購入頻度はそこまで高くないです。
ベルメゾンネット

我が家の相談内容

夫婦共に30歳で子供が生まれました。29歳の時に結婚してその時に生命保険の見直しも完了済み。

子供が生まれたからもう一度見直す!という方も多いでしょうが我が家は子供を見越して見直ししていたので問題なし。

今回は家の購入をメイン、子供の教育資金をサブにして相談する旨を事前に伝えておきました。

我が家の保険相談履歴

以前、生命保険の見直しをしたときにいろいろなファイナンシャルプランナー(FP)さんに相談をしています。

保険のマンモス、保険のビュッフェ、みんなの生命保険アドバイザー、日本生命、フリーのFPさん・・・

保険のマンモス、保険のビュッフェ、みんなの生命保険アドバイザーの3社は保険相談するだけで商品券が5,000~8,000円いただけるということで利用させて頂きました(笑)2万円近くGETできましたよ!

話がずれましたね。

一応このように相談の経験があること、そして僕が自分で理解できていないと納得できない性分なため、ある程度の保険の知識はある状態での今回のベルメゾンでの相談となりました。

初回の相談内容と感想

お待たせしました。では、ベルメゾンの“ほけんはっけん”での相談したときの状況と感想をまとめました。

初回の相談は予定として1時間程度と言われており、我が家は50分程度で終了しました。

事前に我が家の状況を細かくまとめておいたので早く終わったと思います。事前準備を怠ると時間もかかってしまい、相談する内容もグダグダになってしまいますよ。

担当のファイナンシャルプランナーさん

女性の方でした。名刺を頂き、2級ファイナンシャル・プランニング技能士という国家資格をお持ちだったのでまぁ信頼できるかなと。

ただ、喋りはなんというか普通というか無難。妻いわく、

妻

可も不可もない。いい人やと思うけど、頼りたい!って感じじゃない
妻

良いと思う営業さんに当たることなんて少ないからまぁよかったんじゃん

との事。辛口コメントですね(笑)

当たり障りない感じである意味女性っぽかったです。男性のFPさんは経験上高めのプライドを持っている方が多く、ちょっとめんどくさいです(笑)

相談の流れ

まずは簡単に相談の流れを話されました。

相談内容の確認→我が家の現状の確認→シミュレーション結果を確認(次回)

とのこと。とりあえず2回は相談するとのことで、それ以降は流動的かと。

「住宅購入について相談したいとのことで・・」と向こうから話してくれたので受け答えしていたんですが、

「購入するとなったらローンとかは不動産会社さんに相談すると思うので・・」

ということをおっしゃられていて「ん??」となりました。

そりゃ本格的に購入となったらそうですが、その前に相談できるのがFPさんなんじゃないのか?とちょっと不安に。。。

FPさんも住宅ローンを借りたことはないと自ら話してくれましたし、

「これって住宅購入の相談なんだけど、意味あるかな・・」という考えが脳裏をよぎります。

おそらく、何歳で家を購入、お子さんが大学まで行くなら~みたいな感じで大体の資金繰りの将来設計を持って来てくれると予想。これは次回の相談後にまたまとめる予定です。

将来設計シミュレーション作成の質疑応答

将来設計のためにいろいろ聞かれます。

今までの経験から相談前に準備しておいた方が話しがスムーズだなと思えることを事前にまとめておきました。

僕が準備しておいたものはこちら

  • 家計簿(一年分)
  • 夫婦の年収
  • 夫婦の財産(貯金、株・投資信託)
  • 奨学金の残り
  • 現在加入中の保険
  • 奨学金の残り

我が家はこんな感じの家計簿を作っておきました。普段エクセルで家計簿をつけているので、それを少し加工したものです。

ほとんどモザイクですみません。どういう項目があるのか参考程度に見て下さい。家計簿の他に貯金の総額や奨学金の残りもまとめています。

で、上記の準備したもの以外で必要だったものがこちら

  • 夫婦の年収(不動産や副業も別途試算)
  • 年間の貯金はどの程度できているか
  • 奨学金の年間支払額とあと何年で払い終わるか
  • 将来の子供は何人欲しい?
  • 子供の小学校~大学は公立?私立?
  • マイホームは何歳で購入する?
  • 何歳まで働く予定か?(夫婦共に)
  • 退職金はどれくらいもらえる?

僕は現在の情報をまとめていましたが、他にも将来的な見通しが必要でした。

将来は未定なことも多くだいたいでも良いですが、具体的でないとこの将来設計シミュレーションはあまり意味がないとFPさんに言われました。

今回は年間貯金はいくらできているのか。奨学金を毎月いくら払っていて、後何年で払い終わるのか。など結構詳しく聞かれた印象。

これまでの相談とはそこは違った。マイホームの購入相談だからかな?

ちなみに、今回は35歳で35年ローンで5000万円の一軒家を購入する見積もりです。

「関東だと5000万円くらいが妥当ですかねー」

ですって。。。関東こわっ・・・

FPさんの不満点

ベルメゾンではなく、担当のFPさんへの不満点。

家購入の話だったので実家の家を相続することはありますか?という話に。

「まぁなくはない。ありえる」という答えをしたら

「じゃあ相続して売っちゃいましょう!」

・・・は?

百歩譲ってそういう流れになったとしても決めるのは我が家の問題じゃん?

初対面のFPさんに何か言われる筋合いはないわけですよ。

言い方の問題ですが、せめて「相続して売るという選択肢もありますし」って感じで言って欲しかったなー。

当たり障りない感じの方だっただけに、ここだけが不満というか残念ポイント。

こちらも大人なので「まぁそーですねー」と流しておきました。

住宅購入時の両親・祖父母からの資金贈与は非課税になる

FPさんと話していて「これは勉強になった」と思ったこと。

日本には家族だろうと人からお金や土地などの財産を貰う際に贈与税がかかりますよね?

なんで貰うだけなのに税金かかるんだよ・・・と個人的に納得いかない税金の内の一つです。

しかし、住宅購入やリフォーム時に両親や祖父母から贈与してもらう場合は非課税、つまり税金がかからないと教えて頂きました。

最大1310万円まで。消費税10%の物件の場合は最大3110万円まで非課税だそうです。

「ほー勉強になった」と思いましたが、我が家では援助は期待できないので意味ありませんでした。

でも知っておいて損はないのでよかったです。もしかしたら両親の隠し預金1000万円があるかも・・・!(絶対ない)

まとめ

ベルメゾンの保険相談“ほけんはっけん”はベルメゾンお抱えではなく、提携している保険代理店からFPさんが派遣されてくる形でした。

そこは他の保険相談窓口と同じです。むしろ商品券GETのチャンスがないから逆に損かも・・?

「ベルメゾンは何回相談しても無料」を推していますが、どこもだいたい無料なんですよね。。。

相談の内容としては担当のFPさんとFPさんが所属する会社によって変わってくるところもあるでしょう。

良いFPさんに当たるための運も必要ですが、FPさんを変更することもできるそうです。

個人的にはいろんな方の話を聞くことは重要だと思いますが、商品券付きの相談を使った方がお得かも・・・

住宅購入の相談はまだ一切していません。

ともかくまだ一回目。二回目以降に期待したいと思います。

相談二回目はこちらから
ベルメゾンのほけんはっけん(保険相談)で住宅購入相談をしてみた~その2~

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「#うちのインティライミ」騒動で思い出したダメ夫だった自分のこと

Amazonのチャット問い合わせの実体験レポート!有能サポートだった

小学校でのプログラミング必修化について現役プログラマーが語る

ベルメゾンのほけんはっけん(保険相談)で住宅購入相談をしてみた~その2~

ブログのタイトルロゴを作成頂きました!

思いたったら即行動!子持ちだからこそ動けるときに動くべきだと感じたこと