先日、浅草で子連れパパランチ会をしてきました。

「ぱんだカフェai」というお店でお昼を食べながらお酒を嗜んだのですが、意外と楽しめたので紹介します!

>>>「ぱんだカフェai」はこちら

スポンサーリンク

親子カフェ「ぱんだカフェai」

ぱんだカフェはこんなお店です。

当店は、0歳から2歳位までの赤ちゃんをメインとした親子カフェです。

「浅草に子連れの需要はあるのか??」とパパ同士で話していましたが、店内は意外と繁盛していました。

ポイント
  • 全面畳なので安心
  • おもちゃ・遊具・子ども便座完備
  • 2時間制の料金システム

お店は全面畳なので安心

全面畳張りなので、子連れとしては安心です。

ぱんだカフェ畳張り

ちょっとくらい転んでも大丈夫ですし、防水加工されているようで、飲み物をこぼしてもすぐ拭けば問題なし。

リチャ
ジュースをこぼしたらすぐに店員さんがふきんを持ってきてくれました!

おもちゃ・遊具・子ども便座完備

各種おもちゃや滑り台・大きなブロックと室内用遊具もあり、子どもを遊ばせられます。

さらに、トイレにはオムツ替え用のベビーベッドはもちろん、子ども用の補助便座まで!

ぱんだカフェのベビーベッド

ぱんだカフェの子ども補助便座

リチャ
おむつ用ゴミ箱もあって、まさに至れり尽くせり!

子連れ特化というだけあって、設備の充実度はハンパないです。

料理は子ども向けメニュー多数

料理も子ども特化で、かわいいパンダのお子様ランチが出てきます。

パンダカフェの料理

この他にもうどんプレートやフライドポテトなど、子どもが好きなメニューが多いです。

リチャ
うどんを頼むと、何も言わずともヌードルカッターがでてきました。さすが!

ちなみに、大人用のメニューもちゃんとあります。量も結構多かったですし、お酒もそこそこ種類がありました。

会計後、子どもには野菜ジュレのプレゼントもありましたよ(笑)

2時間制の料金システム

2時間制で利用料がかかるシステムで、料金表はこちらとなります。

年齢料金
大人1,200円
0〜2歳無料
3〜6歳
(未就学児)
400円
6〜12歳
(小学生)
600円

2時間以上利用する場合、子どもは無料、大人は30分ごとに延長料金300円がかかります。

席料+フリードリンク代と考えてもらえればいいかと思います。フリードリンクは写真を参考してください。(写真左にひっそりとおかずクラブのオカリナさんのサイン色紙がw)

ぱんだカフェのフリードリンク

料理はこれに別途料金です。

>>>料金案内|ぱんだカフェai

トータルは結構お高いかも

2時間+1時間延長の利用料、父子のランチ、お酒(3杯)で4,800円かかりました。

高いっちゃ高いですし、大人のお腹は満足したかというと微妙なところですが、子どもを安心して放流できる場所というのは少ないので、場所代という意味では妥当なのかなと。

浅草という土地柄もあるかもしれませんね。

アクセス

銀座線田原町駅より徒歩1分
つくばエクスプレス浅草駅より徒歩4分
都営浅草線浅草駅より徒歩6分
東武スカイツリーライン浅草駅より徒歩10分

留意事項

ぱんだカフェ」の店舗は2階にあり、1階は「浅草グリルバーグ」というお店になっています。ぱんだカフェと浅草グリルバーグの入り口が同じになっているので、少し分かりづらいかもしれません。

また2階への階段が急なので、小さなお子さんを連れて入るときは注意してください。

1階の入り口左手にベビーカー置き場がありますので、ベビーカーはそちらへ置いて2階へ上がりましょう。

(余談)エキミセの屋上は子連れの穴場スポット?

ぱんだカフェでランチのあと、東武スカイツリーライン浅草駅から直通で行ける「EKIMISE Asakusa(エキミセ)」の屋上へ行ってきました。

エキミセEkimise浅草屋上

屋上は浅草ハレテラスという名前になっています。まぁスカイツリーが見えるくらいで、特になにかがあるわけではないのですが(笑)

エキミセ浅草からのスカイツリー

その何もなさがある意味よくて、子どもが走り回れるくらいのスペースがあり、そして人も少ないです。

僕らは1〜3歳の子どもを連れて集まっていて、みんな走り回って楽しそうでしたよ。

ただ屋上なので夕方になると肌寒くなってしまい、そこそこで撤退しました。

もし浅草に行くことがあれば一回行ってみてください。ぱんだカフェからも徒歩10分くらいで行くことができましたよ。

>>>Ekimise Asakusaはこちらから

スポンサーリンク

子連れ浅草ランチならぱんだカフェはいかが?

浅草という場所が絶妙ですが、子連れでゆっくりできるお店は都心では少ないですし、場所代と考えれば料金も許容範囲内かなとおもいます。

予約もできるのでパパ会・ママ会も、普段の家族での食事にも利用してみてください。

僕らのパパ会以外にもう一組ママ会をされているグループがいて、他はご家族で食事されていましたよ。

>>>「ぱんだカフェai」はこちら

スポンサーリンク
コメントを残す