こんにちわ。新米パパのリチャです。

息子は生後一ヶ月半になりました。毎日抱っこしていますが、そろそろ全身が痛くなってきました…。

抱っこをなめていたわけではありませんが、3〜5kgなんて軽い軽いと思っていたんですよね。

ところがどっこい、かなり重労働でした。

先輩パパママ、保育士さん、みんな尊敬します!

今回は僕の身体に起こった異常と、それを解決する便利グッズをまとめました。

スポンサーリンク

抱っこをなめちゃいけない。かなりの重労働!

我が息子は1ヶ月検診時で4.2kgでした。最近貫禄が出てきて、漫画だと「ズーン」という効果音が書かれそうです。

「重い……」というほどではありませんが、気づいたら身体が不調に訴えてきました。

リチャ
抱っこなめてた……というか30代の運動不足やばい…。

僕が不調になったのは3か所。

ほとんど全身ですやん……

第一の不調:足のダルさ

はじめに「だるー重ー」と感じたのは太もも。

子どもは泣くと「立って・抱っこして・揺れる」ようにしないと泣き止まないこと多くないですか?

この「揺れる」という行為。

4kgの息子を抱っこしながらスクワットをずっと続けている感じなんですよ。知らなかったです…。

第二の不調:肩が上がらなくなった

抱っこの際、常に左腕に息子の頭を乗せていたら、左肩が上がらなくなりました…。

右腕だとおさまりが悪いのか、息子が泣き止むことはないんです。なので、ずーっと同じ左腕で抱っこ。

まだ首がすわっていない怖さ・緊張というのも影響していると思います。

できるだけ負担の少ない抱き方を研究した記事もありますのでぜひ。

第三の不調:首痛

僕的にはこれが1番やばいです。

元々ストレートネック持ちぎっくり首というぎっくり腰の首バージョンを2度ほどやってしまうくらい弱いところ。要は持病ですね。

子どもを抱っこしていると、首だけ曲がっちゃって負担をかけてしまいます。

この前傾姿勢がストレートネックにはよくありません。

ここ2年ほどは調子良かったのですが、抱っこの繰り返しで以前の痛みがぶり返してきた感じです。

抱っこしている総時間は妻の半分以下なのになぜ?と思うのですが、僕はプログラマーなので仕事中もずっとパソコン。通勤中もずっとスマホを触っている人間なのでこれらも影響しているはずです。

========================================
※ストレートネックについて簡単に説明
ストレートネックを簡単に説明すると、「元々少し曲がっている首の骨が真っ直ぐになってる」というもの。

ストレートネックについてはこのサイトが詳しいです→【ストレートネックどっとこむ

原因は様々ありますが、パソコンやスマホなどを高頻度で利用する人に多いと言われています。

みなさんは大丈夫ですか?今僕のブログを読んでいる姿勢、前傾姿勢じゃないですか?

僕はここ1年半くらいは問題なかったのですが、最近肩甲骨の間の背骨が痛いんです。画像の青丸の辺り。

この画像の丸の辺りと首の神経は繋がっており、首の悪影響がその辺りに出るとかかりつけの整形外科の先生に言われました。 ========================================

身体の不調への対策

さすがに身体が不調すぎるので、道具に頼って対策してみました。意外といい感じです。

バランスボールでラクラク抱っこ

毎日立って抱っこするのは大変なので、バランスボールを買ってみました。

東急スポーツオアシス
¥4,298 (2018/12/19 11:26:50時点 Amazon調べ-詳細)

息子を抱っこしながらバランスボールに座り、上下にボヨンボヨンと揺れます。するとどうでしょう。息子は気持ち良く寝ているではありませんか!

紹介したバランスボールはリング付きなので、不安定でコケることがなく安心です。

バランスボールがあるだけで足・腕への負担が全く違います。

ストレッチポールで身体をほぐす

凝り固まった身体はストレッチポールでほぐします。

LPN
¥9,180 (2018/12/19 13:11:43時点 Amazon調べ-詳細)

ただの棒なんですが、これの上に寝転ぶだけでめっちゃ気持ちいい!

グリグリマッサージされている感じで、しかも自分で動きながら好きな位置をマッサージできるので最高です。

あわせてルルドマッサージ機を使うと至福のひとときの完成です。

リチャ
我が家は夫婦ともにマッサージ三昧です!
スポンサーリンク

体はキツいが抱っこはしたい

妻が気を使ってくれるので、最近あまり抱っこしないようにしていますが、こんな小さい時期は数ヶ月だけなのでできれば僕も抱っこしたいです。

紹介したグッズを使っても根本的な解決にはならないですしね。

どうにもならなかったら病院に行きます。

リチャ
とにかく姿勢良く!猫背にならないように!

パパママ・保育士さんってすごいな

リチャ
保育士さんすげーー

身体が悲鳴を上げはじめて思ったのは「保育士さんってすごい」ってことでした。

妻は保育士ですが、こんなことを言っていました。

片手に1人ずつ、両手で20kgなんて普通。

息子1人でこれだけ身体がヒーヒー言ってるのに、20kg……やばい……。

保育士さんって体が資本で重労働で、しかも人の子の命を預かってるなんて・・・

本当にもっと給料高くていい職業だと思います・・・もっとお給料上げて下さいよー我が家の家計のためにも(笑)

まとめ:身体はいたわりつつ、抱っこしよう

今回思ったのは、「やっぱり体が大事。自分が健康じゃないと子育てできない。」ということ。

親の僕らが倒れたら、息子は誰が見るんだ……となりますしね。

身体のケアをしつつ、運動しつつ、抱っこしつつ…。。

最近は息子の顔の前に何かを持っていくと目で追ってくれるようになったので、泣いたときは抱っこ以外の選択肢を増やすことの重要性も感じています。

そうすればこちらの負担減ですからね。まだまだ試行錯誤の日々は続きます!

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード