赤ちゃん抱っこは重労働!生後たった一ヶ月半で僕に起こった体の異常

こんにちわ。新米パパのリチャです。

突然ですが、「抱っこってしんどくないですか!?」

世のママ達には「今更??」と言われるかもしれません。

抱っこを甘く見ている男は僕だけじゃないと思うんですよね。

まだ息子は生後一ヶ月半なのに、抱っこすることで僕の体のあちこちに不調が出てきました。。。

抱っこをなめちゃいけない。かなりの重労働!

我が息子は1ヶ月検診時で4.2kgでした。それから二週間ほど経ったので現在は4.5kgは超えてると予想します。

最近貫禄が出て来て、漫画だと「ズーン」みたいな効果音が書かれそうな感じです。

これがまー重い重い。

実際に抱っこするまでは7〜8kgになるまでは軽くね?って思ってたけど、全然そんなことなかった。

いや、実際4kgはまだ軽いんですが、身体が不調を訴えてくることが増えました。赤ちゃんなめてました。そして30歳運動不足の体もなめてました。

第一の不調:足、太もも

始めに「だるー重ー」と感じたのは太もも。

ギャン泣きする息子は立って・抱っこして・揺れることを要求してきます。どこのお子さんも同じだと思います。

この揺れること!しんどくないですか!?

運動不足の僕の体には超きます。子供生まれてから太ももが軽いと感じたことはなく、常に抱っこでやられてます。

抱っこ中の揺れって軽いスクワットをずっと続けてる感じなんですね。知らなかった。。。

我が家にはルルドのマッサージクッションが2つあるので夫婦揃ってルルドでマッサージしています。

妻に至ってはルルドで足をマッサージしていないと眠れない日もあるそうです。

ルルド プレミアムマッサージクッション

 

第二の不調:肩が上がらなくなった

次に痛みが出たのは肩です。僕の場合は特に左肩で、左肩を上げると痛みが出るようになりました。

ずっと左腕に子供の頭を乗せていたのでその影響だと思います。

右腕に乗せると収まりが悪いのかあやしてても泣き止まないんですよね。そういうことありませんか?子供の謎の抵抗みたいな。

だからずっと左腕に頭を乗せていたので、その影響だと思います。

まだ30歳になったばかりなのに「これが四十肩か・・・」と何故の納得感がありました。

まだ首がすわってないことも影響しているのかもしれません。抱っこに慣れたとはいえ首がすわってないと緊張というか、少なからず気は使っているんだと思います。

第三の不調:首痛

僕的にはこれが1番やばいです。

元々ストレートネック持ちぎっくり首というぎっくり腰の首バージョンを2度ほどやってしまうくらい弱いところ。

ストレートネックは病気ではないですが、定期的に首が痛くなるので持病のようなものです。

子供を抱っこすると子供を目を合わせるために首だけ曲がっちゃうんですよね。これが首に負担をかけてしまいます。

自分の身長が高め(176cm)な分、角度的にキツくなっているのかもしれません。

ストレートネックの特徴は別途簡単に紹介しますが、基本的には前傾姿勢が良くないです。

ここ2年ほどは調子良かったのですが、抱っこの繰り返しで以前の痛みがぶり返してきた感じです。

抱っこしている総時間は妻の半分以下なのになぜ?と思うのですが、僕はプログラマーなので仕事中もずっとパソコン。通勤中もずっとスマホを触っている人間なのでこれらも影響しているはずです。

========================================
※ストレートネックについて簡単に説明
ストレートネックを簡単に説明すると、

「元々少し曲がっている首の骨がパソコンやスマホを使うと前傾姿勢になっちゃって真っ直ぐになっちゃうよー」というもの。

ストレートネックについてはこのサイトが詳しいです→【ストレートネックどっとこむ

原因は様々ありますが、パソコンやスマホなどを高頻度で利用する人に多いと言われています。

僕は仕事ではパソコンとにらめっこ、通勤中はスマホかタブレット、帰宅してまずやることはパソコンの電源を入れること。

ストレートネックのサラブレッド状態です(笑)みなさんは大丈夫ですか?今僕のブログを読んでいる姿勢、前傾姿勢じゃないですか?

僕はここ1年半くらいは問題なかったのですが、子供が生まれてい肩甲骨の間の背骨が痛いんです。画像の青丸の辺り。

この画像の丸の辺りと首の神経は繋がっており、首の悪影響がその辺りに出るとかかりつけの整形外科の先生に言われました。

ここが痛くなってくると、僕の場合はぎっくり首に繋がります。
========================================

体はキツいが抱っこはしたい

上記3つの中では首が一番問題なのでまずは首を直したいと思っています。とりあえずは湿布で様子見しようかなと。

ひどいときはあまり抱っこはしないように、抱っこしてもあまり首を曲げないようにするつもり。

妻が理解を示してくれているので、今は僕の抱っこの回数を減らしてもらっていますが、できるだけ早く復帰をしたいと考えています。

せっかく毎日変化があって楽しい時期に抱っこできないのは悲しいので・・・妻の負担も増えますしね。

どーにもならなきゃ病院へ行きます。とりあえず姿勢良く!これが大事!猫背を直さねば。

保育士さんすげー

身体が悲鳴を上げ始めて思ったのはなぜか「保育士さんすげー」でした。

保育士の妻曰く「片手に一人ずつ、両腕で20kgなんてざら」だそうで。たった一ヶ月半でこれだけひーひー言ってるのに2人で20kg!?マジかよ!と衝撃です。

保育士さんって体が資本で重労働で、しかも人の子の命を預かってるなんて・・・

本当にもっと給料高くていい職業だと思います・・・もっとお給料上げて下さいよー我が家の家計のためにも(笑)

まとめ

今後しばらくは自分の体をいたわりつつ、抱っこはしていくつもりですが、今までよりも妻に負担をかけてしまいそうで申し訳なさがあります。

これからお子さんが生まれる方は多少なりとも運動しておくべきですよ!やっぱり体が大事。自分が健康じゃないと子育てできません。

僕は元々腰痛持ちでもあるのですが、今のところ腰痛は出ていません。抱っこ中は上半身に力が入っているんですかね。個人的には腰痛の方が良いのですが。。。

最近は息子の顔の前に何かを持っていくと目で追ってくれるようになったので、泣いたときは抱っこ以外の選択肢を増やすことの重要性も感じています。

そうすればこちらの負担減ですからね。まだまだ試行錯誤の日々は続きます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パパ育成もママの仕事?パパママが歩み寄るために伝えたい事

我が家のお食い初めは宅配で、美味しい・ラクチン・写真映え良し!

「出産祝い=飲み会」ではない!妻に言われて気がついた真実

絵本を読むのは恥ずかしい?僕が絵本に抵抗があったワケ

生後半年の子供用品リアルお金事情~我が家のお金を大公開~

男ってなんでこうなの!?夫婦あるある一問一答~昔の僕ならこうだった~