現在我が家はマイホームを建てるため、いろいろと活動しています。

その一貫として、家作り用のアプリを幾つかダウンロードしました。

そんな中でも、僕自身が使ってみて『これは使えるな!』と思ったアプリをご紹介します。

これから「マイホームを建てよう!マンションを買おう!」という方はもちろんですが、既に購入済の方、賃貸の方でも使えるアプリもありますので、ぜひお見逃しなく!

今回は、『30歳3人家族 夢のマイホームへの道』番外編です。

スポンサーリンク

お家のインテリア・DIYなら『LIMIA』

LIMIA (リミア) - 住まい・暮らしのアイデアアプリ

LIMIA (リミア) - 住まい・暮らしのアイデアアプリ
開発元:LIMIA, Inc.
無料
posted with アプリーチ

DIY、インテリア、100均活用術、リフォーム、暮らしの節約術、レシピなど、Googleで検索すると結構この『LIMIA』のページに行き当たるのをご存知ですか?

簡単に言うと「家関連」のことなら何でもあるといった印象です。例えば子どもの絵本棚とか100均の商品を使って家をオシャレにとか。

日々の暮らしで「かゆいところに手が届く」

そんな情報が載っているのがこの『LIMIA』です。

一般の方からの投稿が多いのですが、全て超オシャレ!

こんなのうちじゃできないよ・・・と思いがちですが、材料は全て100均だったり、意外と作れちゃうものが多いです。

僕もPCサイトはちょくちょく拝見していたのですが、最近アプリを見つけてからはもっぱらアプリで読んでいます。

アプリの良い点を簡単にご紹介していきます。

いいね!(お気に入り)機能でブックマーク

いいね!(お気に入り)機能があるので、覚えておきたいコラムは「いいね」しておけば後で見返すことが出来ます。

僕のいいね!はこんな感じ。

我が家は今まさにマイホームを建てようとしているので、太陽光・床暖房・インテリアなどをいいねしています。

お店指定でのカテゴリ分け

100均ならダイソー、セリア。

インテリア・収納なら無印良品かニトリ。

このように、お店指定でカテゴリ分けされています。

「ここの商品をこうやって使ってます」という情報があるので、イメージがしやすいはずです。

家が建ったらこういうのを調べてオシャレにしたいなーと思っています。

写真でイメージがしやすい

DIYやインテリアの記事の場合、きちんと写真で完成形を紹介してくれています。

写真があるとイメージし易いですし、より作りやすいと思います。僕も写真を見ながら「自分の家はこうしたいなー」という想像を膨らませています。

家のアイディアがここに集結『Houzz(ハウズ)』

Houzz 住まいのデザインアイデア

Houzz 住まいのデザインアイデア
開発元:Houzz Inc.
無料
posted with アプリーチ

家作りのアイディアは『Houzz』

1,500万枚を超える家の写真が見放題のアプリです。

正直な所、写真はモデルハウスなどが多く、一般人には到底真似出来ないような家・インテリアばかりかもしれません。

以下が『Houzz』のスクショですが、超オシャレ・・

しかし、

「あっ!こういうアイディアがあるんだ!」

という閃きは必ずあるので、そういうところを盗んでいければいいのかなと。

「こういうのできますか?」とハウスメーカーの担当さんに相談すれば、うまいこと入れ込んでくれるはずです!

そして、オシャレな家を見ているだけでも純粋に楽しいです。

このアプリからプロの建築士さんに問い合わせが出来たり、インテリア商品も購入できます(高額ですが・・・)

僕も本格的に間取りの打ち合わせが始まる前に、『Houzz』でイメージを膨らませておこうと思います。

スポンサーリンク

住みたい町の情報がわかる『じぶん仲介』

住んでる人に聞いてみよう - みんなのお部屋探し じぶん仲介

住んでる人に聞いてみよう - みんなのお部屋探し じぶん仲介
開発元:STiLy, K.K.
無料
posted with アプリーチ

このアプリは賃貸向けなのですが、、マイホームを探している人にも便利、そしてお得なアプリとなります。

・住みたい街の情報を、実際に住んでいる方へ質問できる
・自分の家の紹介をして、契約が決まると5,000円貰える

またまだ発展途中のアプリですが、スマホにDLしておくと、いつか役に立つかも知れません。

住みたい街の情報を聞くことができる

この街いいな〜となっても住んでから「騒音」や「治安」などで悩むことありますよね。

この『じぶん仲介』では、今現在その街に住んでいる方へ実際に質問ができます。

騒音はどうですか?外食はできますか?

騒音は夜はそこまで気になりません。マクドナルドや大戸屋がありますよ

こんな感じでコメント欄で会話しています。他の方の質問も読めますので、わざわざ自分で質問する必要もないかもしれません。

「二人暮らしってぶっちゃけどうですか?」という家には全く関係のない質問もありましたよ(笑)

メインの利用層は一人暮らし

『じぶん仲介』アプリの主な利用方法は

「自分の部屋を紹介し、その部屋もしくは家の周辺に入居が決まればギフトカード5,000円プレゼント」

というもの。

アプリに登録されている部屋も多くが一人暮らし用のワンルームです。何件か二人暮らし以上の部屋もありますがまだまだ少ないのが現状です。

検索方法も「予算9万円以上」のように検索しないと、二人暮らしの部屋は出てきません。

マイホーム購入予定者の使い方

じゃあ、マイホーム購入には関係ないじゃん。

・・・って思いますよね?そうじゃないんですよ。

まず、「住みたい街について質問できる」

これが非常に大きい。

一生住むであろう場所を探そうというのです。気になることは徹底的に調べたいはずなので、自分で足を運ばずに情報が得られるというのは非常にメリットです。

そして、「賃貸→マイホーム予定の方なら、今の賃貸を紹介できる」という点です。

それでうまく自分の部屋か近辺の部屋に引っ越しが決まれば5,000円!

お得じゃーん!

『自宅近辺でもOK』という点がミソですね。

特に引っ越す予定がなかったとしても登録自体は可能なので、自分の部屋を登録しておけば5,000円ゲットのチャンスが貰えるかもしれません。

理想の間取りを自分で作る!『間取りTouch+』『MagicPlan』

間取りTouch+ お部屋のデザインに役立つ図面作成アプリ

間取りTouch+ お部屋のデザインに役立つ図面作成アプリ
無料
posted with アプリーチ

magicplan

magicplan
開発元:Sensopia
無料
posted with アプリーチ

自分で部屋の間取りを作成できるというアプリを2つ紹介します。

両方ともDLして使ってみたのですが、まー面倒臭い難しいです。

どちらのアプリもかなり細かいところまで設定可能なので、逆に操作が難しくなっている印象です。

僕個人としてはスマートフォンで間取りを作る作業はちょっと大変でした。

とはいえ、自分で間取りが作成できるというのは非常に魅力的です。しかもアプリも無料ときたもんだ。

自分の想像を膨らませたり、「こんな間取りが良いんですけど」とメーカーさんに伝えるには良いアプリだと思います。

パソコンでできたらいいのになぁ・・・

以上、『夢のマイホームを叶える厳選アプリ4選!』でした!

スポンサーリンク
コメントを残す

Twitterでフォローしよう