子供が産まれたら何がどれだけ必要で、どのくらいお金がかかるのか気になりませんか?

購入する育児グッズは家庭によりけり、十人十色。

しかし、他の家が実際にどんなものを買ってどれくらいお金がかかったかを知る機会はそうそうないと思います。お金事情は聞きづらいですしね。

ということで、今回は我が家で子供のために使ったお金を大公開します!

ついでに僕目線で「これは有用だった!」と感じたものと僕の子供用品の買い方についても一緒に紹介しようと思います。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

我が家の購入物と値段

息子は現在生後6ヶ月です。今に至るまでに準備した子ども用品、消耗品を列挙していきます。

まずは子ども用品から。

子ども用品の一覧と値段

ここで言う子ども用品とは、ベビーカーや抱っこ紐などの必須物から絵本やおもちゃ、子供服など親の自己満が含まれたグッズのことを指しています。

わーお。27万円オーバーですか。ある程度予想はしていましたがすごい金額。

「その他」の欄には授乳クッション、哺乳瓶一式、子供用バスタオルなど5000円以下のものをまとめました。

我が家はマイカーを持っていないのでチャイルドシートはありません。

追記(2018/02/26)

チャイルドシートが懸賞で当たったので、カーシェアリングで使ってみました!

上記の表中には必須ではないものもあります。キツネコートとか。

息子にはまだブカブカですが、超かわいいです!来年が楽しみ!

海外のハンドメイド洋服で『超かわいい!!』ということで買っちゃってます!もうね、ここの服可愛すぎなんですよ・・・見たら絶対買っちゃうので心して見て下さいね(笑)

これかわいいから小遣いで買うわ

リチャ
いや、もう家計から出しちゃおうぜ!かわいいもん。

キツネコートは例外ですが、基本的には少しでも便利なもの・親が楽できそうなものは少々高くても購入しています。

夫婦お互い楽できて余裕がある方が家庭は平和になりますからね。

1万円以上すると「高いな〜」とは思いますが、それで育児が楽できて、(特に妻が)精神的に安定するのであれば安いものかなと。

妻が楽できるというのはもちろん僕も楽できるということですから。

この中で良かったものはヒップシート。息子がグズグズのときに凄く役立ちます。購入前は半信半疑でしたけどね(笑)

息子は「縦抱きが好き」タイプだったので、これがあるだけで親の負担は半減しました。特に腕がラクです。

妻がやたら細かく比較の記事を書いているので気になる方はそちらへ!僕も友情出演しています(笑)

逆にいらなかったものは「おくるみ」かな。今のところ我が家での活躍の場はないです(笑)

産院から退院するときに少しだけ使ったくらいですね。

このおくるみ可愛いから使いたいんですけどねー今後どこかで使うことがあると信じています。

お下がりや御祝いは結構頂いた

新生児期の服はほとんどお下がり、出産祝い、そして両家実家(息子から見て祖父母)にも買って貰っています。

が、それでも服は購入しっぱなし。すぐ着なくなるのにね・・・

純粋に服が足りないってのもありますが、子供服ってかわいいからすぐ買っちゃうんですよーーー!

消耗品

次は生後6ヶ月で購入した消耗品の数々です。

母乳パッドは悩みましたが、子供が生まれたことで必要な消耗品に変わりないので入れました。

これらはほとんどAmazonで購入しています。

せっかくなのでAmazonファミリーや定期便を利用した際の値引額も合わせて書いておきました。

消耗品も結構な金額ですね。やはりオムツ代が大きい。

オムツのメーカーにこだわりはないので、Amazonでその都度安いものを購入していますが、それでも3万オーバー。

オムツ、ミルクの次に使用しているベビーローションってのはこちらです。

毎朝と風呂上がりにベタベタ塗ります。これのおかげか基本的に息子の肌は綺麗そのもの!

1個500円なので、15個買っていることになりますね。すげー使ってるなぁ(笑)

その他

子ども用品、消耗品以外で買ったものです。

この「その他」がボディブローのように懐事情に効いてきます。

うちの自治体では補助金のでないロタの予防接種や、子ども用の収納ケースなど。バカにはできません。

「みてね」は知ってる方も多いでしょうが、写真共有アプリ。家族で写真を共有出来るので実家が共に遠方の我が家では重宝しています。

写真共有は無料。有料にはなりますが、フォトブックが作れます。

我が家では、スマホを持っていない両家の祖母(息子から見て曽祖母)へ毎月送っています。

家族アルバム みてね

家族アルバム みてね
開発元:mixi, Inc
無料
posted with アプリーチ

アルバスも写真ですが、これは我が家用。詳しくは妻の記事をご覧ください。

ハンコは息子のゆうちょ口座を作る用に。ネット注文で作りましたが、まさか1,000円台で作れるなんてすごいですよねー。

購入物について

これまで購入した物についてまとめてきましたが、ここにはない光熱費や水道代など見えない部分での出費は間違いなく増えます。

そしてもちろん出産費用や入院費用も・・・

「小さい頃はお金かからないから!」

ってよく言いますけど、なんなんだろう。部活とか塾とか始まったらもっとお金かかるの?とビクビクしています。。。

だってこれでも毎月数万レベルで使ってるのに・・・

うちが両家共に援助がほとんどないからなのかな?服とスマートスウィングっていう電動ゆりかごを貰ったくらいです。みなさんもっと援助して頂いているのかな?すごく知りたい・・・

ちなみに今話に出たスマートスウィング、お高いですが我が家では大活躍しています。電動ではあまり動かしませんが(笑)

スポンサーリンク

子供用品購入でオトクなネット注文

僕が子供用品を購入するときは

「できるだけ安く!もしくはポイントでお得に!」をモットーにしています。

今回一覧に買いた物のほとんどを楽天かAmazonから購入をしています。

理由としては我が家にはマイカーがないのでネット注文に頼るしかなかったという現状……ではあるものの、楽天やAmazonのポイント・値引が魅力だったことが大きいです!

方法その1:楽天市場でポイントガッポリ

1万円を超える大物はお買い物マラソン、もしくは楽天スーパーセールで一気に購入!

そうすればポイントガッポガッポです。

お買い物マラソンやスーパーセールなら、買う店舗数が増えれば増える程ポイントの倍率が増えていきます。

お買い物マラソンとスーパーセールについてはこちらのサイトが端的にまとめてあり、分かり易かったです。僕がまとめるのをサボったとも言います(笑)

>>「楽天お買い物マラソン」と「楽天スーパーセール」の違いとは。

ガッポガッポというだけでは信憑性がないので、僕の2017年楽天ポイント獲得グラフを作ってみました。

4月に息子が生まれていますので、『生まれるまでの準備(1~3月)』と『生まれて少し経った後の買い足し(6~7月)』の時期にポイントがガツッと増えています。

10ヶ月で合計4万ポイントオーバーです。

上記の購入品一覧の値段はポイント支払い分も含めた定価を書いていますので、そこから4万円ほど引いたものが実際に支払った金額になります。

4万円は大きいですよ。

このポイントは育児グッズだけで貯めたものではありません。

日用品など買い置きができるものは、お買い物マラソン・スーパーセールに合わせて大量買いしています。

小さなことからコツコツと。

余談ですが、楽天ではふるさと納税もポイント対象なので、ポイント稼ぎと節税が一気にできます。

欲しいものがないな~と悩むなら、ふるさと納税オススメです。

楽天でポイントを貯めるなら、楽天カードを作るべきです。

無料で作れますし、楽天カードで支払いするだけで、通常ポイントが2倍になります。

楽天カードは専業主婦・主夫、学生の方でも、作ることのできる年会費無料のクレジットカードです。

時期によって変動しますが、新規作成すれば5,000~7,000ポイント程度もらえることが多いですよ。

方法その2:Amazonプライムで安く早く

言わずと知れた『Amazonプライム』です。

年会費3,900円で、様々なサービスが利用できる優れものですよね。もはや説明はいらないと思っていますが、一応簡単にサービスの紹介を。

  • Amazonファミリー(オムツ、おしり拭きが定期便なら常に15%オフ)
  • お急ぎ便送料無料
  • プライムビデオ
  • プライムmusic
  • プライムフォト

子育て世帯として嬉しいのは、間違いなくオムツ&おしり拭きが常に15%オフ。

キャンペーンで15%オフ以上の割引あるので、チャックしてからの購入をオススメします。

先ほどの『消耗品の表』を見て頂くと、オムツだけで1万円以上値引きの恩恵を受けています。

子育て世帯なら、年会費3,900円なんてすぐ元が取れちゃうんです。

再度画像を貼っておきますね。

プライムビデオ

ご存知動画が見放題のサービスです。

これ、育児世代には本当に有能!子供を引きつけるアニメ、映画、教育テレビの番組まであるんですよ!

  • おかあさんといっしょ
  • トーマス
  • 妖怪ウォッチ
  • ドラえもん

子どもが夢中になってくれる動画があると、それだけで気がラクになるのでは。

6ヶ月だとまだそこまでテレビは見ませんが、いつか我が家でも活躍するだろうと期待をしています。

追記(2018/02/26)

息子が10ヶ月になり、最近「おかあさんといっしょ」や「みいつけた!」を見るようになりました。

Amazonプライムが活躍する日は近いかもしれません。

プライムフォトも実は有能

個人的にはプライムフォトも有用なサービスの一つです。

僕は子供が生まれてから一眼レフを購入しましたが、写真データが膨大になってしまいました(既に1万枚以上)。

つい子供の写真を撮ってしまう……みなさんもそんなことありませんか?

プライムフォトなら容量無制限でクラウドに保存できるので本当に便利です。外出先でも閲覧可能ですよ。

僕は写真データが消えた時のバックアップとして使っています。無制限にアップできるなんて、ほんと夢みたい!

夫婦でも簡単に共有出来るんできます。

その3:ベビーカーだけはアカチャンホンポ

ココまで楽天・Amazonとオトクな買い方を紹介してきましたが、ベビーカーだけは例外でアカチャンホンポで購入しました。

理由はただひとつ。「プレミアム補償」という制度に、値引やポイント以上のものを感じました。

アカチャンホンポのポイントカード会員様または、アカチャンホンポネット通販会員様が、「ベビーカー」「カーシート」「だっこひも」「三輪車」をご購入いただくと、購入日より3年間の補償を無料で付帯いたします。

出典元:アカチャンホンポ プレミアム補償

簡単に説明すると、

「損害や盗難を受けた際、自分で修理代等は支払うものの、修理代分のアカチャンホンポのポイントが貰える」

というものです。

要はアカチャンホンポで相当額を負担するからうちで買ってね。ってことです。

ベビーカーは前述のリストを見ても断トツで高い買い物ですので、楽天で購入すればポイントはもっと増えていたと思いますが、壊れた時を考えると『プレミアム補償』はすごく魅力でした。

アカチャンホンポの店舗でこれを知り、店舗購入しかプレミアム補償は付加されないと思っていましたが。これがネット購入もOKなんです。

小さいお子さんがいると家から簡単には出られませんからね。これは助かる。

ちなみに、Amazonや楽天でもベビーカーはアカチャンホンポのベビーカーは売っていますが、プレミアム補償はついてこないので注意して下さい。

プレミアム補償がつくのは以下リンクのアカチャンホンポ公式通販サイトからのみとなります。

ちなみに、抱っこ紐を買った時はプレミアム補償の存在を知らなかったので普通に楽天で買ってしまいました。ショック!

まとめ

途中からかなり宣伝ちっくになってしまいましたが、こうして数値化して見てみると子育てにはかなりのお金がかかりますね。

なので、僕は楽天やAmazonを使って少しでも安く購入することも大切だと思っています。

塵も積もればなんとやら!

その浮いた数千円で子供の服をもう一着買っちゃいましょー!

スポンサーリンク
コメントを残す

Twitterでフォローしよう