子育ては苦手克服の連続!子供が好きなものなら興味を持つ努力をしたい

突然ですがみなさん、子供の好きなものが自分は苦手なものだった場合どうしますか?

諦めますか?パートナー(夫・妻)に任せますか?

いやいや、やっぱり苦手でも自分から子供の興味の対象には関わらないと!

今回はたとえ自分の苦手なものだったとしても、きちんと向き合うのが親なのではないか?と気付いたことについて書いていきます。

キーワードは「苦手なものにも興味を持つ」です。

子供の好きなものってなんだろう

そもそも子供の好きなものってなんだろうと考えてみました。ここで言う子供は0~5歳をメインに小学生くらいまで、かつ食べ物でないものを想定しています。

僕の思いつく子供の好きなもの

  • 乗り物全般(車、電車、飛行機など)
  • 動物
  • アンパンマン

他にもたくさんありますが、僕自身興味のないものしか思いつきませんでした・・・

乗り物にはまるで興味がない。自分の車は乗れればなんでもいいです。

そして、虫は本当に苦手。子供に大人気の虫の王様・カブト虫はゴ◯ブリに見えてしまいます。。。

これでも子供のころはカブト虫を飼って、幼虫から孵化させたりしてたんですよ!

子供の頃はあんなに平気だったのに、いつの間にか虫全般が触ることすらできないくらい苦手に。

以前、家の中に手のひらサイズの蛾が侵入してきたときは、大騒ぎでしたよ。。。

自分が大人になればなるほど、よく見れば見るほど虫の造形が凄いというか怖い。どうでもいいですけど、 昆虫は宇宙人説(宇宙から来た説)ありませんでしたっけ? 僕宇宙人も苦手なんですよね。

「子供が虫好きになったらどうする?」

妻と子供が大きくなったときの話をたまにします。その中で虫の話が出たことがあります。

妻

息子が虫好きになったらどうする?
リチャ

リチャ
妻に任せる(笑)俺には無理だ。
妻

えーーーー

僕は虫が大の苦手ですが、妻は虫が平気(クモは除く)なので、特に違和感もなくこれでいいと思っていました。

でも、これは子育てで一番やってはいけない「ただの丸投げ」ということに後々気付くのです。

子供のパワーは百万馬力

僕が「妻に任せるというのはただの丸投げだ」と気づいたのはTwitterでのあるツイートがきっかけでした。

子供のパワーってすごいなと思いますね。

自分は鳥肌が立つくらい苦手なのに、子供の為に一緒に見に行くこのお母さんはすごいと思います。尊敬します。そして、親ってこうあるべきなんだと気付かせてくれました。

子供が生まれる前に妻と動植物園行ったときに虫とのふれあいコーナーがありました。僕は全く近づけず、妻だけが近寄っていった経験があります。

でも、子供がいたらそうは言っていられないですよね。

「パパは虫嫌いだからあっち行こう」

って言葉で子供が落胆し、せっかくの興味を持つキッカケをなくしてしまうかもしれません。

だから、もし子供が大きくなって「わー虫だー!」って走っていったら付いて行こう。もちろん苦手だけど、苦手なものは苦手と伝えられて、それを理解してくれるような子供に育ってくれたら嬉しいな。

息子

息子
とーちゃん虫だよー
リチャ

リチャ
おう。虫好きか?
息子

息子
好きー
リチャ

リチャ
そうかー。とーちゃんは苦手だわー
息子

息子
そうなんだーじゃあ僕がいろいろ教えてあげるよー

みたいなね。会話は妄想です(笑)

自分の興味のその先を見ていきたい

僕は『自分が興味あることしか見たり行動したりしません』。その先というものがないのです。

妻は僕が好きなスポーツ観戦に興味はないですが、僕がテレビで観ていると「あれはどういうこと?これは?」と興味を示してくれます。

妻が言うに「自分の好きな人が興味を持っているものには興味がある」というのですが、僕は妻が好きなものでも興味がない。

もちろん息子は好きです。どんな行動するのか毎日楽しみです。

でも、息子が興味を示しているオモチャにはそこまで興味はありません。

「ここが噛めて、ここが引っ張れて、ここが持ちやすいのかー」とかその程度ですね。

「このオモチャと遊んでいる息子が好き」なだけで、今のところその先には余り興味がないんです。

そこを直していこうかなと。

興味のその先にさらに興味を持とう。興味の連鎖が生まれれば、また新たな発見があるかもしれませんし。

虫は苦手だけど、子供が虫に興味を持ったら、僕は蝶くらいから始めてもいいですか?笑

子育ては苦手克服の連続なのかもしれない

早起き、家事、そして虫・・・

僕にとって「子育て」とは苦手を克服する連続です。まぁ虫はまだ予測ですが(笑)

もちろん、「家事は元からするべきでしょ」という声もあると思います。甘んじて受け入れます。女性も家事が嫌いな人は多数いますもんね。すみません。

早起きが苦手、料理が苦手。苦手でも嫌いでもやらなければならないのが子育てなんだなーと。

この僕のツイートに賛同して下さる方は多かったです。ママもパパも苦手なんて言ってる暇もなく、毎日子育てやっているんですよね・・・!

まとめ

「ママが一緒に見てくれるよー」

っていうのは「育児からの逃げ」であり、「当事者意識のなさ」かなと思います。

僕も当事者意識のなさから、妻に任せるような発言をしていたことを反省しています。

息子が大きくなるにつれて、興味を持つものは増えていくと思います。自分の子供とはいえ別の人間ですし、お互いの好き嫌いが異なることは普通ですよね。

息子の意見は尊重しつつ、僕も一緒に楽しめるようになれるといいな。と改めて考えさせられました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミルクを飲む赤ちゃん

自己中パパが子供が生まれて感じた心境の変化

【失敗談】妻の服を着て子どもの寝かしつけをしてみた

息子の初お風呂から学ぶ『見えない家事』の重要性

夜中に子供の異変で妻がパニック!夫は焦らず妻と子供のケアを最優先に!

生後一ヶ月半、夜中の子守りをパパが擬似ワンオペでやってみた

アラサーパパが嬉し涙を流したワケ~保健師の何気ない一言~