思いたったら即行動!子持ちだからこそ動けるときに動くべきだと感じたこと

子供が生まれるとどうしても子供優先。自分の行動は限られてしまいますよね。

しかし、そんな時こそ即行動!

そうしないと後悔するぞ。と思った出来事が帰省時にありました。

帰省で感じた行動すべき理由

子どもが生まれて5ヶ月になったとき、初めて息子を連れて実家へ帰省しました。

一番の目的は僕の親に息子(親から見たら孫)を会わせるためだったのですが・・・

今回の帰省を通じて、『できることは思いついたときにやらないと後悔するな』と思う出来事がありました。

それは二人の祖母に関することでした。

母方の祖母との対面

まずは母方の祖父母について。

母方の祖父母は僕をすごく可愛がってくれていて、本当にいろいろな思い出があります。

しかし、祖父は僕の息子が生まれる3ヶ月前に亡くなりました。

大好きな祖父にひ孫を見せることは叶いませんでした。。。

祖父が亡くなってから8ヶ月。息子が5ヶ月になり、やっと息子を連れて祖母に会うことができました(東京ー三重と離れています)。

これは僕の夢の一つだったんです。

祖母には子供の頃から「おばーちゃん、僕の子供を抱くまで元気でいてね」と言い続けていました。その夢が叶ったんです。

しかし、祖母はデイサービスのことを「仕事」と言うほどボケが進行してしまいました。

それでも僕のこと、僕に息子が生まれたこと、息子の名前も覚えていてくれたのです。

息子を抱っこして「かわいい。かわいい。」と言ってくれました。

嬉しかったけど、僕の中では祖母がボケているショックが大きかったのも事実です。

ボケがもっと進行する前に、できるだけ多くひ孫と会わせてあげたいなぁ。

これが思い立ったら行動しようと思った理由の一つです。

父方祖母とは会えずじまい・・・

次は父方の祖母について。

この帰省の際、父方の祖母とは会いませんでした。

理由は祖母が病院に入院していたから。

病院というのはどんな菌がいるかわかりません。そこに息子を連れて行く勇気がありませんでした。

「容態も安定しているし」

親から言われたその言葉を信じていたのですが、実家を離れた4日後に祖母は亡くなりました。

大正生まれの90歳。そりゃあいつどうなるかわかりませんよね。

息子と一緒にとまでは言わなくとも僕だけでも会いに行けば良かったです。

「一人で会いに行く」という選択肢は頭の片隅にはありました。しかし、僕は会いに行かなかったんです。

最後に会えたはずなのに。。。

後悔してもしょうがないのですが、一生後悔するかもしれません。

「思ったときに行っていれば・・・」

これが理由の二つ目です。



子供が一番は変わらない

子供が生まれてからは自分の子供が一番なのはゆるぎません。

ですが、大切なものはたくさんあるのが人間です。

祖父母が80歳を超えているようなら正直な話、もう後何回会えるかわからないと思います。いつ何があってもおかしくありません。

僕はじいちゃんばあちゃんっ子でしたので、やはり残りの時間は大切にしたいなと。

もう祖母1人しか残っていませんが、、、

でも大好きなばあちゃんと大好きな息子が会っている姿を見られるなら、少し無理をしてでも会わせたくなります。

実はこのブログも同じ

このブログを始めた時期は2017年5月の頭。

4/17に息子が生まれているので言わば一番大変な時期に始めたと言っても過言ではありません。

ブログを始めた理由はたった一つ。

妻に「やってみれば?」と言われたから。本当に軽い気持ちだったんですよね。

リチャ

リチャ
読んでくれる人いるかな~?

そう思って始めたブログも今となっては感想を頂くことも増え、本当に嬉しく思います。ブログやってよかったです。

ブログを読んで下さる皆さんのおかげで僕自身も育児に関して成長でき、また人としても成長することが出来ているんじゃないかと感じています。

妻に言われたあのときに「お、じゃあやるか!」って軽く初めてよかったなーと心から思います!

子供がいる今こそフットワークを軽く!

子供がいるとどうしても腰が重くなりますよね。これはもうしょうがない。

少しでも「やろうかな?」と思ったのにやらなかったとき、さらに腰が重くなりませんか?僕はなります。

だからこそ思ったときに中途半端でもいいから行動しておくべきなのかなって。そう思いました。

結果うまくいかなくてもいいんですよ。一度の失敗は次にチャレンジする意欲になります。

子供が生まれたからって全てを制限する必要もないと僕は思います。

もちろん育児は大変ですが、そんな中で我が家は夫婦共にブログをしています。

その代わりゲームの時間を削ったり、犠牲になったものはありますが、それでも僕も妻もやりたいことはブログだったんです。

今やれるだけやっておかないと、僕の祖母の件のように後悔するかもしれないなと改めて実感しています。

少し大変だったとしても『会いたい人と会い・好きなことをして』、それでいて子供と遊ぶ。

僕はそういうことを大切にしていきたいです。

思い立ったら即行動!・・・というのは子持ちには厳しいですが、夫婦お互いに自由な時間を与えあったりするといいのではないでしょうか。

 

悩んだ時は行動をすることを僕は心掛けるようにしようと思った二つの出来事でした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「#うちのインティライミ」騒動で思い出したダメ夫だった自分のこと

小学校でのプログラミング必修化について現役プログラマーが語る

年賀状の料金を徹底比較!自宅印刷orネット注文でお悩みのあなたへ

ブログのタイトルロゴを作成頂きました!

【Jアラート】明日死んだとしても後悔なく生きねば

Amazonのチャット問い合わせの実体験レポート!有能サポートだった